文音(AYANE) - 役者

TT16673-560x373.jpg

日本制覇、からの世界制覇

 
DSC_0054-150x150.jpg
 
文音(AYANE) - 役者

18歳でデビュー映画「三本木農業高校、馬術部」で主役を演じ、第33回報知映画賞新人賞、第32回日本アカデミー賞新人俳優賞受賞。 英語を使った本格的な芝居を学ぶためにニューヨークに留学。 日本人女性一人という環境の中で、New York Film Academyの役者コースに通い卒業。 「夢をつかむまではあきらめられない」 そんな彼女の熱すぎる生き方に迫った。


対談者:Dragon

Dragon_avatar_1453091023-60x60.jpg

今まで会った日本人女性の中で一番といっていいほど、日本愛が強い。業界柄、溜まり場への勧誘は自制していたが、帰国のタイミングということで正式にオファー。

 

18歳映画「三本木農業高校、馬術部」で主演

394159_10151295734330206_972053834_n-860x645.jpg
Dragon_avatar_1453091023-60x60.jpg
― どうして役者を目指そうと思ったんですか?
DSC_0054-60x60.jpg

4歳からずっとバレエをやってたんです。

 

でも14歳の時に足が痛くなって

スポーツトレーナーの人に見てもらったら

「このまま続けると将来びっこひいて

歩くようになる」って言われちゃって。

それでバレエができなくなってしまって、

すごいショックでした。

 

そこからしばらく

やりたいことも見つからず、

完全にぶらぶらしてましたw

 

そんな時にたまたま家に入っていた

演劇学校の広告を見てスクールに

通うことになったんです。

 

体を使って表現することが

好きだったのでバレエが

できなくなった後もジャズダンス

習ったり色々としてたんですけど、

役者も挑戦してみようと思いました。

 

そこから週末に通っては、

演技の稽古をしてました。

 

 

Dragon_avatar_1453091023-60x60.jpg
― デビュー作が主演だったんですよね?
DSC_0054-60x60.jpg

本当に運がよかったと思います。

プロデューサーがたまたま新人の役者を

使いたいと思っていたらしく、

そこでチャンスをもらったんです。

 

Unknown

元々実話をもとに作った

映画だったので

名前がある役者さんを使って

イメージをつけたくない、

って意向もあったみたいです。

 

それに馬術部の話だったので、

撮影が始まる10ヶ月前から

乗馬の練習をはじめて

撮影入ってからも一年間練習をしました。

 

movie_01

 

それくらいのスケジュールが必要だったんで、

新人でスケジュールも空いてる人を

探していたみたいです。

 

 

Dragon_avatar_1453091023-60x60.jpg
― いきなりの主役でめちゃくちゃ緊張したんじゃないですか?
DSC_0054-60x60.jpg

めっちゃしましたよ!

 

周りの人は経験のある人ばっかり

じゃないですか。

あるとき助監督と二人になったときに

大泣きしました。プレッシャーがきつすぎて。

 

助監督は女性の人だったんですけど、

泣きながら相談したときに、

「監督はあやねを選んだんよ、

かなえって役はあやねしかできない

と思ったからあやねを選んだんだよ、

だからもっと自信を持ちなさい」

って言ってくれて夜通し

リハーサルを付き合ってくれたんです。

それで自信がつきました。

images-1

あとは芝居が一番できない分、

乗馬だけはうまくなろうと

がんばりました。

24歳ニューヨークへ約1年半の演劇留学

TT16899-860x572.jpg
Dragon_avatar_1453091023-60x60.jpg
― 日本にいれば舞台や映画と色々な仕事があったと思いますが、どうしてニューヨークへ行こうと思われたんですか?
DSC_0054-60x60.jpg

主演したドラマ「コヨーテ、海へ」

のロケがニューヨークだったんです。

 

Unknown-1  

 

その時2週間撮影があったんですけど、

撮影の後も自分は2週間ほど

ニューヨークに残って

自由な時間を過ごしたんです。

 

ニューヨークって

上をみれば億万長者だったりとか、

上をみたらキリがないくらいすごい

人がいっぱいるわけじゃないですか。

 

でも下をみたらホームレスとか

物乞いしてる人がいて、

こんなに狭いのにそれだけの格差が

あるんだなって、

この街では頑張らないと

置いていかれるんだろうなって

すごく感じたんです。

 

_TT16915 

みんな信号も止まらないじゃないですか、

それもこの街の色に出てるなって思った。

そういうのにすごい圧倒されて、 

私この街に来たいって思ったんです。

 

もちろん演劇というのはニューヨークが

やっぱり本場ですし、

芝居のルーツって演劇だから

それでニューヨークを選んだってのも

あります。

 R10109272-625x468

 

 

Dragon_avatar_1453091023-60x60.jpg
― とても大きな決断だっと思いますが、迷いはなかったんですか?
DSC_0054-60x60.jpg

来る事に迷いはなかったですよ。

 

もちろん日本にいたらできる仕事は

あったと思います。

 

実際にミュージカルのヒロインの依頼も

来てたりしてて、

それをマネージャーさんから聞いた時は

「あぁぁそれはもったいないですね。。。」

って言いましたけど、

「でも断ってください」って

事務所の人に言いました。

 

目先のことにとらわれちゃいけないなって。

絶対に後悔はしたくないなって。

 

あの時もし・・なんてまじいらねーなって、

そう思ったら、やるなら今だな、

って思いました。

 

 

Dragon_avatar_1453091023-60x60.jpg
― 男らしいっすね!
DSC_0054-150x150.jpg

日本にいたときは男前先輩が

あだなでしたからねw

Dragon_avatar_1453091023-60x60.jpg
― 実際にニューヨークに来られてみて後悔はないですか?
DSC_0054-60x60.jpg

全くない!

でもほんと大変でした!

557274_10152017979745206_211719645_n  

 

 

Dragon_avatar_1453091023-60x60.jpg
― 例えばどんなことが大変でした?
DSC_0054-60x60.jpg

プライベートでも芝居でも

ほんといっぱいありましたよ。

 

来た時は体調が悪くなるときも

けっこうあったし、

台風で家が停電して

10日くらい家に帰れなかったり

台風に吹き飛ばされて電話ボックスに

ぶつかったりしたこともありますw

 

芝居のことでいえば、

やっぱり白人社会っていうのを

見せつけられました。

 

_D3X0657 

 

主役ってなると

必ず金髪の白人が選ばれるし、

日本と文化が違うので

芝居がオーバーだったりしたし。

 

それで流されそうになることも

正直ありましたけど、

日本人だから

日本人の芝居でいいんだって

後で気付きましたけどね!

 _TT16810

 

夢を掴むのは簡単な事じゃないな、
ニューヨークで暮らすって簡単じゃないな

ってすごく思いました

でもここでした辛い経験のすべてが

明日の糧になるって信じてやりました。

 

環境が変わっても敵は自分自身だし、

負けねーぞ!!!って気持ちでしたね。

25歳NewYork Film Academy 卒業

photo-860x860.jpg
Dragon_avatar_1453091023-60x60.jpg
― 英語は話せて当たり前、そんな過酷な環境での戦いを終えた今、どういうお気持ちですか?
DSC_0054-60x60.jpg

いま振り返っても

怒濤の日々だったなって思います。

 

_TT16049

 

入学したての頃はいろんな事に

ただただ圧倒されてましたね。

競争心の激しい生徒達が集まる

クラスで負けそうになって、

家に帰って出来ない自分に悔しくて

大泣きしたり苛立ったり。

 

それでもいい芝居が魅せられたりした時は、

思いっきり笑って喜んだり。

本当に喜怒哀楽の多い8ヶ月だったと思います。

 _TT17052

 

今まで気づけなかった

自分にも気づくことができました。

 

今まで私は常に完璧を

求めてたなって。

人からのジャッジメントを気にして、

変な事は出来ない、

常に完璧でなければいけない。

そう思って過ごしていたなって思います。

 

そしてそれを恐れるあまり

自分の殻を破れずにいました。
常に安全な場所へ逃げていたんです。
そしてそれが芝居にも影響していました。

 

_TT16636 

 

自分の殻を破らなければ

面白い役者にはなれないのに。

 

きっと私のバックグラウンドも

凄く関わっていたと思います。
常にきちんとしなければという思いが

私を安全な場所へと引き込んで

行ってしまっていました。

 

私はここで芝居の勉強をして、

笑われてもいい。

人からのジャッジメントなんて

気にしなくて良い、

だから何?と思う事も

時には必要だってことを学びました。

 _TT16673

 

リスクをおかす事が
時に凄いパワフルな芝居に

繋がることがあるんだと。

 

 

_TT16480

 

素晴らしい先生に出会い、

沢山の事を学び、吸収したと思います。

 

芝居は人を表現する仕事で

役者は持ってる物全てが楽器で

それを奏でて一つの人の生き様を表す仕事。 

 

とてもとても深くて興味深い仕事です。
だからこそ中途半端にやっては

絶対にいけない物。

 

ここを卒業して芝居が

もっともっと好きになりました。
早く日本に帰って日本語で

芝居がしてみたいなって思ってます!

野望日本制覇、からの世界制覇

TT16940-860x573.jpg
Dragon_avatar_1453091023-60x60.jpg
― 将来の野望を教えてください。
DSC_0054-60x60.jpg

誰にも届かない大きな大きな夢を掴んだら

離さずにずっとずっと追いかける。
そうしたらそれは絶対叶う、

そう私は信じています。

 

まずは役者として日本中の人の

心を動かせるような

芝居ができるようになりたい、

そして世界中の人たちの心を

動かせるような役者になりたいです。

 

若さと勢いが今の私の武器です笑

理想の生き方蓮の花のような生き方をしたい

lotus-flower-3-860x745.jpg
Dragon_avatar_1453091023-60x60.jpg
― どういう生き方ができたら理想ですか?
DSC_0054-60x60.jpg

蓮の花って泥水に咲くんです。

 

泥沼の底で太い根をはりながら、

じっと時間をかけながら茎を伸ばしていく。

それで最後水面に顔を出したときには

あざやかな紫色の花を咲かせる。

 

かっこいいですよね、蓮の花って!

贈る言葉あとは行動のみ!

IMG_1801-860x860.jpg
Dragon_avatar_1453091023-60x60.jpg
― 世界に挑戦しようか迷っている若者がいたらなんて声をかけますか?
DSC_0054-60x60.jpg

迷ってる時点で

何も考えてない人より

先に行ってるんだから、

あとは行動のみ!

 

自分を信じるしかない!

 

BIOGRAPHY

  • 00歳東京に生まれる
  • 04歳クラシックバレエを習う
  • 14歳インターナショナルスクール入学
  • 16歳関東国際高校外国語科英語コースに入学
  • 18歳映画「三本木農業高校、馬術部」で主役を演じ、第33回報知映画賞新人賞、第32回日本アカデミー賞新人俳優賞受賞 
  • 22歳TBSドラマ「99年の愛~JAPANESE AMERICANS~」に出演
  • 22歳ハウス食品『北海道シチュー』CM
  • 23歳WOWOWドラマ「堤幸彦×佐野元春『コヨーテ、海へ』」でヒロイン
  • 23歳舞台PU-PU-JUICE公演『結婚狂想曲』『琉球ロマネスク テンペスト』に出演
  • 24歳明治学院大学国際学部卒業
  • 24歳映画「Fashion Story」に出演
  • 24歳テレビ東京「痕跡や」に出演
  • 24歳ニューヨークへ約1年半の演劇留学
  • 24歳語学学校に半年間通い卒業
  • 25歳New York Film Academy に8ヶ月間通い卒業
  • 25歳ニューヨークでWEBドラマに出演

文音(AYANE) - 役者

海外飛び出し年齢:24歳(,

東京(在住経験地:, ,

, ,

ウェブサイト ・オフィシャルブログ

溜まり場コミュニティ

海外で暮らし挑戦しているからこそ話せる
熱い話、ディープな話をお届け!

◎現在500人以上の方に読まれている無料メルマガ講座

◎現在500人以上の方に読まれている無料メルマガ講座

無料メールマガジンに登録

 
 

他の挑戦者を見る