人生において大切な事を伝え、残すために絵を描き続ける。

北崎 亜唯斗北崎 亜唯斗 - (Aito Kitazaki)-ストリートアーティスト-
1989年神奈川県相模原市生まれ高校を卒業後、日本の社会の息苦しさに違和感を覚え、アートを通して日本を変えたいと決意。 18歳で人生で初めての作品を原宿に描き残したがあえなく警察に捕まってしまい、日本でのストリートアート活動の難しさを痛感する。2012年、本物のストリートアーティストになるためロンドンへ渡英。Graffik Gallery(ロンドン)やBottleneck Gallery(ニューヨーク)その他(ドバイ、ロサンゼルス)で開催されたグループショーに多数作品を出展。 2014年1月、自身初となる個展"MUGENGIKKOU"をGraffik Gallery(ロンドン)にて開催し、高い評価を受け、一部のアート関係者からJapanese Banksyと評される 。同年4月から、東京に拠点を移し、日本初個展"Life is too short"を皮切りに日本での活動も拡大。アーティスト活動だけでなく企業のPR用デザイン、店舗内壁画デザイン、そしてハンティングワールド、コールマンなどの有名企業にもアートワーク提供を行っている。日本だけでなくセブ島、上海でも壁画デザインを担当。2017年はさらに海外での活動を拡大していき、自身初となるニューヨークでのイベントにてライブペイントも10月に予定されている。

対談者:クニカツ

クニカツ

海外・日本でも活躍中のstreet aritist「亜唯斗」さん。常に自分と対話し考え行動し、飾らない自分の言葉で全てが語れる事に強さを感じました。『生き方を一番考えてる。それを表現する為に絵を描いてるんで。』
と呟いた姿にもシビれました。
乞うご期待!!

[公開日] 2017/06/29(最終更新:2017/09/09)

LINEで送る

幼少期神奈川県相模原市で生まれる。

北崎 亜唯斗

初めまして。よかったらコレ差し上げます。

 

 

クニカツ― うわ!!有難う御座います。むちゃくちゃカッコイイですね。instagramでも拝見させてもらっててかっこいいと思っていました。
北崎 亜唯斗

有難う御座います。ステンシルって知ってます?

クニカツ― え、何ですか?全然わかんないです。
北崎 亜唯斗

自分の絵の描き方もそうなんですけど、紙があるじゃないですか。それをカッターで切り抜いてその切り抜いた紙をステンシルっていうんですよ。それを壁に当ててスプレーするとその切り抜いた部分に塗料がつくじゃないですか。そうやって絵を描く方法で。

クニカツ― 小ちゃい頃からアートに興味があったんですか?
北崎 亜唯斗

いや。全然ないですね。よくありがちな子で、高校までもほんと普通の子でした。でもただ一貫してあったのは、なんかこう卒業文集とかで、ずっと夢は「有名になりたい。」とか書いてましたね。具体的な何かとかはないですけど。あと自分の母親がけっこう特殊な母親で、その影響とかもあるかもしれないですね。

クニカツ― お母さん。。どういう事ですか?
北崎 亜唯斗

別に絵が上手いとか、むしろ無茶苦茶下手なんですけど、なんつうんすかね。日本の常識とか逆の事っていうか、なんかこう自分が正しいと思った事は曲げないみたいな。そういう教育をこう自然と受けてた感じですね。母親から。それが多分今けっこう影響されて、作品とかに出てるかもしれないですね。

クニカツ― お母さんに言われて覚えてる言葉とかあるんですか?
北崎 亜唯斗

母親は自分が20歳の時に亡くなったんすよ。実は。そこから今が始まった感じはありますね。

37139_169935913022103_720635_n

クニカツ― といいいますと?
北崎 亜唯斗

すごい強い母親だったんすよ。自分の中では。強くて何でもできたんです。だからこそ、自分は、甘えてたと言うか、自分で努力して色んな事をやっていくタイプではなくて、言うなればほんと普通の子供で、フッといなくなった瞬間にいかに自分が何にもできなかった人間なのかと凄い思って、そこから自分が本当にやりたい事を考え出しました。

クニカツ― いつからアートに興味が出たんですか?
北崎 亜唯斗

高校がCGを学べたんですよ。そこからなんか徐々にデザインなのかアートなのかわかんないすけどそういうのが興味が出てきて。ただ、CGを学んでみたものの、やってみたらあんま面白くなくて。けっこうプログラミング要素というか、あんま直感的なものではなかったんで。

18歳日本を面白くしたくて、アート集団を結成する。

日本を面白くしたくて、アート集団を結成する。
北崎 亜唯斗

CGの流れで、デザインっていうものを知って、グラフィックデザインってあるじゃないですか。それを学ぶ学校に行こうって決めて。けっこうまぁ真面目にはやったんすね。で広告っていうものを見たり調べたりしておもしれぇな。って思ったんすよ。グラフィックデザインってものが。でも今思えば、専門学生の時から普通の広告作ってなくて。その時から徐々にアートで表現するようになってましたね。

退屈な日本の日常を面白くしたいと思って高校の同級生の奴とEPIGRAMというアート集団を結成してゲリラ的にいろんなアート作品を街に設置したりしてました。今思えばかなり迷惑なことやってましたね。

19622528_1548027531934421_375432410_n

19歳バンクシー(Banksy)と出会う。

北崎 亜唯斗

EPIGRAMでストリートアート的なことはやっていたんですが自分たちの表現の仕方も中途半端だし、人に全然見てもらってる気もしなくて自分の表現の仕方を模索してたんですけど、そんな時にたまたま本屋さんで、バンクシーっていうアーティストの作品集を見つけたんすよ。なんだこれ。ってバってとって開けた瞬間に、もうなんかこう。これだ!!みたいな。俺がやりたいことは。ど真ん中できた感じすね。

そこで初めて知ったんすよ。本物のストリートアートを。それで俺もやりたい。って思って。

クニカツ― バンクシーってあの壁に絵を描いてる人ですよね?
北崎 亜唯斗

そうです。ど真ん中でこれだって思いましたね。許可なく勝手にやってる。しかも世界中で!って。バンクシーはすごい社会風刺のアーティストで、自分もそうしたかったんで、

そん時、麻生総理の時代だったんですけど、麻生総理を風刺したものを作って、スプレー買って、夜中原宿に行ったんすよ。で、もういたるところに書いて。もう自分の中で達成感が凄いじゃないですか。人生ではじめて、バンクシーみたいに描いたと。これで心の底から日本が変わると思ったんすよ。なんか有名になれる。と。

19578581_1545690402168134_145284700_o

クニカツ― うわぁー!!しびれますね!!
北崎 亜唯斗

そしたらまぁパトカーが現れて、で、やべぇって走ったんすけど。追いかけられて捕まったんすよ。人生初の落書きで人生初警察に捕まって。。。

クニカツ― あら。。大丈夫だったんですか?
北崎 亜唯斗

未成年で初犯だったので、自分が書いたやつ全部消せって言われて、それでなかった事にするって。全部自分で消したんすよ。そしたらその原宿の人達が集まってきて、ボランティアで消してる人だと思われて、原宿けっこう落書き被害がはげしかったんで。「いや~。なんかもうほんと有難う。消してくれて。」ってみたいなw

それが人生初の作品であり人生初ストリートアートの経験で。

クニカツ― なんかホノボノしちゃいましたがw。
北崎 亜唯斗

有名になってとか、作品を作ってこう、日本を変えてとかそういうほんとバンクシーがやってるような事をやって、母親に見せつけたかったんですよ。俺はこうやって社会に影響を与えるようなアーティストになって有名になった。っていうのを早く見せたかったんですよ。そん時母親は闘病生活中だったんですけど。なのに、より迷惑かけたカタチになって。かなりそん時はブルーになって。何やってるんだろこんな時に。俺は。って。

20歳就職するも半年で退職。

北崎 亜唯斗

就職して母親を安心させよう。と思って。でも母親は就職した事を反対したんですよ。何故かっていうと、なんかこうわかったんでしょうね。「おまえの本当にやりたい事はなんなのか?」っていうのが。そん時自分の中でも何かを押し殺した部分があるわけじゃないですか。要は。警察に捕まったっていう。法を犯したっていう事で、ストリートアートってものは正しい事じゃないんだ。仕事でもなんでもないし、ただの迷惑行為っていう風にこう思っちゃったわけじゃないですか。あんだけバンクシーに感動してたのに。だからデザイン会社に就職したんですけど、母親は、「どうせやりたくないことやってんだろ。」って。

クニカツ― で退職を決意したんですか?
北崎 亜唯斗

母親がなくなる前に「海外にでもどこでも行ってしまえ。」って言われてたんすよ。死ぬ前にそれを言われて、いざ亡くなっていなくなって、今まで言われてきた事がこう蘇るわけじゃないですか。、なるほどな。と。なんかもう本当にやりたい事をやれって。いうのをずっと昔から言ってたんだな。ていうのがこうつながったんすね。本当におまえがやりたい事はなんなのか。っていうのをずっと俺に問いかけ続けてて。それが今、デザイン会社就職して。俺がやりたいのはこんなじゃない。結局やっぱりバンクシーになりたかったんだ。やってみたかったんだ。っていうのを再確認して、辞めまして、バンクシーはイギリスのアーテティストなんすね。イギリスに行くしかない。ってそこで決めて。

19578987_1544714412265733_153495546_o

22歳イギリスにワーキングホリデー。

北崎 亜唯斗

お金を貯めようっていってバイトしたんです。原宿のカフェで1年間。

その時にワーキングホリデーっていうのがあって、イギリス2年間いけるんですね。だいたいワーキングホリデーって1年間なんですけど、イギリスだけ2年間で。

尚且つ人気な国なんで倍率が宝くじ並みに通らないんですよ。1000人しか無理で。

でもなんか100%行くって思い込んでて、そしたら結局通ったんす。なんかそっからそんな感じのラッキーが始まるんですけど。

クニカツ― それ、凄いっすね!!イギリスではどんな感じで過ごしたんですか?
北崎 亜唯斗

ワーホリなんで、働けるじゃないですか。コネも何にもないんで、とりあえず働こうと。日本と韓国の食料品店でキッチンして働きながら、来たからにはまあなんか色々やろう。って事で。

クニカツ― 本格的にキャリアをスタートしたんですよね?
北崎 亜唯斗

イギリスには、リーガルウォールっていう合法で描ける壁があるっていうことを知ったんですね。トンネルになってて、別名、バンクシートンネルって言われてて、バンクシーがそこで修行してたみたいな。そういうトンネルなんすよ。そこでようやく描けるわけじゃないですか。捕まって以来。なんでそこで1年2年ずっと修行じゃないですけど、作品を描いては消され描いては消され。

クニカツ― 描いても消されちゃうんですか?
北崎 亜唯斗

リーガルウォールなんで描くじゃないですか。そしたら次のアーティストがまた勝手に消してまたその上から描いて。永遠に。ただ捕まらないっていう。そういう場所で。そこで、自分のスキルとか作品とか磨いて。そういう感じでキャリアを始めて。

 

23歳初めて絵が売れる

北崎 亜唯斗

ある時、そのグラフィックギャラリーの壁に日本の着物を着た女性の絵を描いてたら、これ販売できるから、キャンバスに描いてって言われて。人生で初めて、自分の絵が売りものになった時で、そっからグループショーがあるから、なんか新しい作品作ってよ。ってなって。2つ作品作ったんすね。新しいのを。そしたらその2つがすぐ売れたんですよ。それが人生で初めて作品が売れた時で。

285385_449817028422149_477869707_n

クニカツ― 初めて自分の作品が売れるって、どんな気分でした?
北崎 亜唯斗

理屈抜きにすごい嬉しかったですね。

自分のやってきたことがようやく認められたっていう感覚ですかね。

19578190_1545726155497892_995756972_n

 

 

24歳人生初ロンドンにて個展開催。

北崎 亜唯斗

イギリスに行く前に自分は絶対有名になって帰ってくるって決めてたんで。

個展かなんかやんないと帰れないな。と思って。

 

19576669_1544226405647867_11200503_o

【You never know until you try】

 

100%全員がかっこいいっていう作品を作るっていうのをコンセプトに一個作ろうと思って。なんか今まで自分本位でよければいい。ぐらいの勢いで作ってたんすけど。絶対にかっけー絶対にいい作品をつくりたいな。と思ってつくったのが、このYou never know until you tryで。やってみなきゃわからない。っていうタイトルなんすね。

自分の状況もまさにそうだったんで。

クニカツ― くそかっこいいですね!!
北崎 亜唯斗

で、ギャラリーに持ってったらこれはいけるってなって。案の定すぐ売れたんすよ。NYのギャラリーのグループショーにも出展することができて。その勢いで、グラフィックギャラリーで個展やりたい。って言う話して。

クニカツ― すごっ!!どんどん進んでいきますね。
北崎 亜唯斗

ワーホリが終わる年の2014年1月にやろうって、日付決めて、作品を2、30個作ったんですよ。気合いを入れて。人生を賭けた挑戦じゃないですか。なんで。

いざ作品が出来た時に、材料費とか結構かかるんで手持ちが一万円くらいしかなくなっちゃったんですよ。帰りの飛行機のチケットも買ってないんすよ。だから個展で10万円以上稼がないと帰国できない。みたいな状況で。必然的にもう個展が成功するしかないんすよ。

クニカツ― ぶー!!ほんと人生賭けましたね!
北崎 亜唯斗

で、いざはじまって。

そしたらもう100人以上バーってきて、で個展始まる前日からもういくつか売れて。プレオーダーみたいな感じで。

その時点でもう100万円以上売れてて。

で同時進行くらいでドバイとかロサンゼンルスとかのグループshowにも出させてもらっていて。まとめて2,300万くらい入ったんすよ。その個展で。

色々インタビューとかもしてもらったりして、自分的にはやってやったみたいなイギリスで。って。

 

 

1604618_809080459118138_718527141_n

帰国日本でのストリートアートの難しさを知る。

北崎 亜唯斗

正直すぐ日本に帰りたかったんですよ。何故かっていうと。元々日本の日常を変えたいと思ってやり始めたんで。日本で活躍したかったですし。

だからイギリスで絵が売れたんで、日本でも同じくらい活躍できるだろうと思って帰国したんですけど、全然そんな感じではなくて。

イギリスのつながりで、日本でも個展をしたんですけど、30万ほどしか売れなくて。出費も考えたらマイナスいってんじゃないか。くらいで。でもこのままやっていけば日本でも活躍できると思ってたんですけど。まぁ現実は全然甘くないっていうか。

クニカツ― 海外とは違うと?
北崎 亜唯斗

日本にはそもそもストリートアートっていう文化が確立されていないっていう事を徐々に知って行くんですよね。

一瞬あのままイギリスにいたらと、後悔もしたりしたんですけど。

25歳日本での模索する2年間。

北崎 亜唯斗

ストリートアーティストとしてやれることは全部挑戦しようと思って日本で活動を続けましたね。

そしたら徐々に色んな人と出会って、色んなことを学んで色んなことに挑戦する機会ももらえましたね。今まで自分一人ではできなかったようなことが。

キャンプイベントで子供達と一緒にライブペイントとか、子供達にステンシルを教えるワークショップとか、福島県南相馬市の小学校の全校生徒と一緒に作品を制作したり、企業とコラボしてアートワークを提供するとか。

中には全然やりたくないことも挑戦したりしました。

 

クニカツ― ふむふむ。
北崎 亜唯斗

でもそうやって色々挑戦していく中で、

もしかしたら自分がやりたいことって、純粋にストリートアートじゃないのかもしれないってそこで思って。バンクシーに憧れてはじめたのはいいですけど、その後を追いかけてもなんかしょうがないというか。

自分が本当に何がしたいのか改めてすごい考えてたんすよ。

19619704_1544226545647853_1710935703_o

クニカツ― やりたい事を改めて考えたと?
北崎 亜唯斗

日本に帰ってきて自分の理想通り大活躍だったら一切思わなかったんですけど、全然そうじゃなっかったんで、改めてずっと考えてて。

そこで思ったのは、

広告も学生の頃から好きだったけど、自由なストリートアートも好きだった。

じゃあ合体したらいいんじゃないかと思って。

そこからなんか見えてきて。

19621483_1544226395647868_191454047_n

ストリートアート×広告

北崎 亜唯斗

そもそもなんでストリートアートをやろうと思ったかっていうと。

自分の伝えたい事をたくさんの人に自由な表現方法で伝えられると思ったからなんですよ。

だからストリートアートをやることじゃなくて自分のメッセージをたくさんの人に伝えることが自分の本当にやりたいことだって改めて気づきました。

クニカツ― やりたい事がわかるって強いですね!!
北崎 亜唯斗

日本って広告規制が多いんですよ。そういうのがまず昔から好きじゃなくて。

でもバンクシーはすごい影響力があるアーティストなんで、

バンクシーが広告を手がけたら世界は変わるって言われてるんですよ。

彼の作品にはそれだけの説得力とメッセージ性と影響力があるんですよ。

バンクシーはもちろん広告とかやらないですけど、もしそういうアーティストが広告とかやったら日本の広告が変わるんじゃないか。と思ったのと、日本人の動きってメディアを通して動いてるんで、100%自分の意思で動いてる人って多分ほぼいないと思います。なんで、そういうマス媒体がもっとクリエイティブに変わっていって、正しいメッセージが伝われば、最終的に日本人の意識が変わっていって、結果日本も変わって、もっと正しい道に進んでいくんじゃないかと思ったんで、自分はアーティストとして広告がやりたいと思ったんですね。

クニカツ― そうですね。そう考えると周りに広告って溢れてますもんね。
北崎 亜唯斗

広告って企業だけのものでなくって、自分が言いたいことをバーンって拡散するのが広告じゃないですか。て考えたら企業じゃなくても広告の力を必要としてる人はいっぱいいるんじゃないかなぁと。ちっちゃいお店とか個人の人間でも全然自分の思ってることが伝わんない。っていうものも広告として伝えればそういう必要としてる人がいっぱいいるんじゃないかと思ったんで。

クニカツ― 必要としてる人のために作品を作っていくと?
北崎 亜唯斗

今まで、自分が伝えたいことを作品にしてたんですけど、今度は誰かが伝えたいことを自分の作品を通して伝えみようと思いました。なんかこう、伝わんなくちゃいけないのに、世界に全然伝わってないものっていっぱいあると思うんですよ。

日本の素晴らしい文化も全然海外に正しく伝わってなかったり。

て考えると、日本でアーティストって正直需要ないし、いらないって思われてる。そんなアート文化が誰かのためになることで変わるんじゃないかなって思いました。

そうやって考え出してから、すごい仕事が増えたんですよ。

本当にやりたかった事がようやくやれたっていう感じです。

19551139_1544226382314536_1131657240_n

27歳ニューヨーク単身渡米

北崎 亜唯斗

日本に帰ってきてから、スムーズに何もできなかったから、やり方を考えなくちゃいけない。考えて考えて必要とされてない理由はなんだろうと思ったら、今みたいな概念で、アーティストは広告っていうものができれば、必要とされんじゃないかって思ってそういう考えになったし、自分はそれがやりたかったんだって思えた。

そこから、ライブペイントでは自分一人が描くんではなくて、そこに来てる子供達とかお客さんに描いてもらってみんなにアートを楽しんでもらう。それが思い出にもなるし、イベントが伝えたいコンセプトを作品のテーマにしてるんでその作品が広告にもなる。そういうスタイルになってから店舗の壁画制作とかもすごい増えました。

 

19551711_1544226412314533_1899359697_o

 

 

自分は正直絵を描くのが苦手なんですよ。

だからステンシル使ってるっていうのもあるんすけど。

でもステンシル使えば描けないものはないんですね。簡単な絵でも、細かい建物でも型紙作っちゃえば全部作れるんで。そうなると誰かが本当に言いたい事とか表現したい事を自分のスキルで制限せずに作品にすることができるんで。自分は。

壁画として広告が作れるんでそういう意味ですごい増えたんですよ。やれる事が。

セブ島のレストランとか上海のお店とか壁画描かせてもらったりして、そっから海外の仕事も増えて。

 

19622701_1544226385647869_953396536_n

クニカツ― 何故、また海外に挑戦するんですか?
北崎 亜唯斗

自分の作品を壁画として残して、こういう作品を描いている日本人のアーティストがいるっていうのを世界に知ってもらって、活動の場を広げていくっていうのもそうですし、

自分の中で、地球を全体の100として考えた場合日本はその1くらいって感覚なんですよ。だから自分の伝えたいメッセージは1だけじゃなくてもちろん100に伝えたいと思うので。それと自分が世界で有名になるのと比例して自分の作品を通して伝えるメッセージもより広く伝えやすくなると思うんで。そう言う意味でも自分はアーティストとして有名になんなくちゃいけないんで海外に行くという感じですね。

海外 アーティスト アイト

 

 

【生き方】無言実行

北崎 亜唯斗

ロンドンの時の個展のタイトルでもあったんですけど、考えたり言ったりする前にやっちゃう。だいたい無謀な挑戦なんてものは考えたら全部こわいじゃないですか。自分の事も結局追い込んじゃうんで。だったら言わずにやっちゃった方が楽なんで。無言実行くらいのスピード感でやったほうがいいんじゃないかな。って思ってて。いつもそうなんですよ。周りと話さず常に自分と話して決めて動いちゃいますね。

 

 

【野望】アートを通して日本の日常に、夢とサプライズを与えたい。

北崎 亜唯斗

日本そのものを面白く夢とサプライズにあふれた世界に変えることで、そこに生きる人々の人生もより豊かに変わっていくと信じてます。

【贈る言葉】思い切って失敗して欲しい。

北崎 亜唯斗

19551644_1544226595647848_885701646_o何か無謀な挑戦をすれば人は必ず失敗すると思います。でもそれでも諦めずにやり続けるのか、そこでやめてしまうのか、その二択を繰り返していくことで本当に自分がやりたいことがどんどん見えてくると思います。失敗の先にしか本当の成功は存在しない。だからこそ誰よりも多くの失敗を経験して欲しいと思います。

あとがき

北崎 亜唯斗

10代とか20代の人ってすごい未来があるってよくいうんですけど、僕的には逆だと思っていて。逆に未来とかなくて、この瞬間しかない年代が10代20代だと思うんですよ。ほんとに今しかないし一番短い時間だと思うんで、逆にその瞬間瞬間を一生懸命挑戦してやり続けて、30歳になった時に初めて未来が生まれるんで、今行動しない限り多分未来に希望とか保証とかなんもないから。すごい簡単にいったらこの一週間で死ぬ。っていう考えで生きてほしい。

 

19149129_1686328898063937_2185063199668963352_n

北崎 亜唯斗

北崎 亜唯斗 - (Aito Kitazaki)-ストリートアーティスト-()
脱PAN年齢:22歳(
海外出るとき捨てたもの:日本の常識
東京(在住経験地:,

今後の挑戦

  • 教壇に立ちたい。若い人達の前で話を聞いたり自分の人生を喋ったりしたい。
  • 絵本を描く
  • ラジオをやる。
  • アート文化をエンターテイメントに変えていく。
LINEで送る

他の挑戦者を見る