米国でコメディ映画つくる

小池亮介(Rio Koike)小池亮介(Rio Koike) - スタンダップコメディアン
ニューヨークで活躍する唯一の日本人スタンダップ・コメディアン、リオ・コイケこと、小池良介さん。レギュラーで週に何本もショーを行い、米国でのテレビ出演、CM出演、コンテスト優勝、全米ツアーと輝かしい実績を残している。 そんなRIOさんだがずっとコメディアンを目指していたわけではなく、元々はプロの社交ダンサーやプロのマジシャンとしてアメリカで活躍していた。 そんな彼は現在3本の映画を創ろうと計画中。 誰もやってないことをやることはリスクなんかではなく、すごく合理的で大きなチャンスだ、と語るRIOさん。 常に新しいチャレンジに挑み続ける、マイペースなRIOさんの生き方をLIVE! 

対談者:Dragon

Dragon

日本にいる友人から、「ニューヨークに面白い人いる!このビデオみて!」と笑ってこらえてのURLが送られてくる。見終わって、そっこーファイスブックで溜まり場に入ってください、とお願いする。生き方、キャラクターがかっこよすぎたのである。実際お会いしてみるとさらにイケテいた!麻婆豆腐ご馳走さまでしたm(-_-)m

[公開日] 2013/03/07(最終更新:2015/08/07)

LINEで送る

25歳世界一を目指して渡米

Dragon― どうしてアメリカに来ようと思ったんです?
小池亮介(Rio Koike)

ダンスやってて

このままじゃ世界には

通用しないって思ったんだよね。

やっぱり白人には勝てないって。

 

でも自分は白人になることはできないけど

ペアは白人に変えれるなって思って。

それでアメリカにいった。

それが理由。

 

 

Dragon― もともと英語はできたんですか?
小池亮介(Rio Koike)

全然。

高校のときとか英語の評定いつも2だった。

それも10段階中の2ね。

 

25歳カリフォルニアダンスオープン 準優勝

Dragon― 英語は問題なかったんですか?
小池亮介(Rio Koike)

まぁダンスだからね。

英語はたいして気にしなかったよね。

 

 

Dragon― どうしてダンスをやめようと思ったんですか?  
小池亮介(Rio Koike)

世界トップレベルのダンサーを見て

これは世界一はとれないなって思って。

英語できないからパートナーとの

コミュニケーションも

全くとれてなかったしね。

 

31歳スタンダップコメディー初舞台

スタンダップコメディー初舞台
Dragon― 英語は問題なかったんですか?
小池亮介(Rio Koike)

最初はほかのコメディアンが舞台で

何を言ってるかも分からなかった。

テープにとり何度も聞き返す。

英語学校、通信教育。

よいと言われることは何でもやったね。

 

コメディーは最もシンプルな

パフォーマンスで漫才と違い相方も要らず、

楽器などの道具も用意する必要がなく、

ただ決められた時間をエンターティンし、

ダンスと違い肉体的限界を理由に引退もない。

 

そもそも歴史的に見ても、

コメディアンにはまずユダヤ系がいて、

その後黒人、ラティーノと出てきたけど、

みんな虐げられてきた人種なんですよ。

 

コメディーって、

弱者の反発から生まれるものだから。

 

お金をもらって笑わせるにはそれなりに

高いレベルの構築的ジョークじゃなきゃいけない。

結論を最後に持ってくる

日本人思考パターンはそれに合ってると思う。

 

ステージでほかのコメディアンから

「長いぞ!」とか「引っ込め日本人!」

って言われることもある。

でも、それをギャグにして返す

強靱さがないとね。

 

これまで海外で日本のドラマや

アニメは評価されてきたが、

コメディーでのヒットはなかった。

文化や言葉の壁に笑いで風穴をあける。

それが次なる目標。

 

35歳NBC「LAST COMIC STANDING」準決勝

Dragon― そもそもなぜコメディアンになろうと思ったんですか?
小池亮介(Rio Koike)

やっぱりダンスは一人じゃできないし、

マジシャンは道具とかでお金がかかるしね。

 

と思って一人で何も使わずに

できるもの何かなって考えたら、

アカペラ歌手かコメディアンしかなくて。

 

だから歌うまかったら

今頃アカペラ歌手になってたかも

しれないよねw

36歳ニューヨークコメディーコンテスト優勝

Dragon― 禁欲するため賞金2000㌦全額を寄付したって本当ですか?
小池亮介(Rio Koike)

まぁ結果的にねw

 

金と女におぼれて

脱落していったコメディアン

いっぱい見てきたから。

 

やっぱり女がいると

コメディアンにかける

時間や情熱もへるし。

 

 

Dragon― モテたいとか遊びたいって思わなかったんですか?
小池亮介(Rio Koike)

実はけっこうもてるよ。

でもそれは俺がもててるんじゃなくて

コメディアンとしてもててるんであって

だから女に溺れると

コメディアンとして時間さけないし

面白くなるからもてなくなる。

 

そう考えるとコメディアンに

情熱を捧ぐしかないよね。

 

 

Dragon― でもいま奥さんいらっしゃるんですよねw
小池亮介(Rio Koike)

だからコメディの仕事減ってるよw

 

でもそれはしょうがないこと。

やりたいことは今までどおり

やってるし、これでいい。

 

37歳学園祭のショーの司会を引き受け、英語の猛特訓

学園祭のショーの司会を引き受け、英語の猛特訓
Dragon― びびったり緊張したりすることないんですか?
小池亮介(Rio Koike)

一緒よ。

そりゃすべるの怖いし、

緊張もするし、一緒。

 

でもいざ舞台にたったら

びびってもられないよね。

びびったらなめられて

文句いわれるだけだから

もうそこまでいったら

ひらきなおるよ。

 

 

Dragon― 途中でやめたくなるときかないんですか?
小池亮介(Rio Koike)

ないね。

もうのたれ死んでもいいやくらい

常に思ってるから。

 

38歳NHK,フジテレビ、テレビ朝日 ドキュメンタリー

Dragon― 日本人でコメディアンやってる人っているんですか?
小池亮介(Rio Koike)

スタンダップコメディアンはいないけど

近い事やってる人はニューヨークに3人いる。

 

 

Dragon― 誰もやったことないことに挑戦するって怖くないですか?
小池亮介(Rio Koike)

むちゃするなーってよく

言われるんだけど

実はけっこう合理的に

やってるんだよ。

 

だってこっちでやってる人

3人しかいないけど、

みんなアメリカのテレビとか

出てるからね。確率すごくない?

 

日本人もみんなやればいいって

本気で思うけどね。

 

 

Dragon― たしかにジャズミュージシャンとして上までいくのって相当きついですもんね、ニューヨークだと。
小池亮介(Rio Koike)

そうでしょ。

いままでダンスやったり、

マジシャンやったりしてきたけど、

けっこうそういう考えで

動いたりしてる部分もある。ぶっちゃけ。

 

ダンスしにアメリカ来たときも

当時白人とペア組んでる

日本人なんていなかったしね。

今でこそ当たり前だけど。

 

 

Dragon― 新しいことやるって無謀なようで結構合理的だったりするんですね。
小池亮介(Rio Koike)

そうだよ。

やったらいいよ。w

 

42歳初主演「AMERICAN ENGLISH with JIMMY T」全米月刊一位

初主演「AMERICAN ENGLISH with JIMMY T」全米月刊一位
Dragon― なんでもできて天才っぽく見えますけど本当はめちゃくちゃ努力されてるんですよね?
小池亮介(Rio Koike)

めっちゃ努力した。

全部本気でやってきたよね。

 

コメディアンだって

初めは英語もできないのに学校いって

コメディークラブに飛び込んで、

皿洗い、トイレ掃除、

使い走り、何でもやったし。

そのかわり休みが出たときの

代役やらせてもらった。

 

雑用ぜんぶやらせてもらったけど

5年で100㌦くらいしか

もらえなかったからね。

 

 

Dragon― 生活大変じゃなかったですか?
小池亮介(Rio Koike)

ニューヨークは安いよ。

300㌦の家住んでたもんね。

家っていうけど

クローゼットみたいだったかもね。

カメラの取材きたときも

カメラマン動けなくなってたくらい。

 

ビデオを配るバイトは

今でもやってるよ。

 

 

Dragon― コメディアンもやってバイトもやって大変じゃないですか?  
小池亮介(Rio Koike)

みんなそういうんだけど、

俺は好きでやってるからね。

ビデオ配る仕事すきだし。

この仕事やってたから

寿司屋の映画創ろうってなったし。

 

 

Dragon― 日本だとバイトってイメージ悪いですもんね。
小池亮介(Rio Koike)

なんでだろうね。

好きでやってるんだから

いいと思うけど。

まぁ日本のけなし力はすごいからね。

 

 

Dragon― けなし力ってなんですか?
小池亮介(Rio Koike)

日本人ってご飯食べて

まずかったらすぐまずいっていうよね。

アメリカ人はいわないよね。

 

あれって気付くから。

日本人はおいしく

なかったらすぐにきづく。

 

だからおいしいものが

日本には多いよね。

 

そういうのをポジティブに

とらえるといいんだよ。

ネタを考えたときも

まず日本人に見てもらうもんね。

 

そこでウケたらだいたい

こっちでもウケるのよ。

 

 

Dragon― 笑いのつぼって違うんじゃないですか?
小池亮介(Rio Koike)

ウケると滑らないって

違うんだけど滑らないのは

だいたい一緒。

 

どっちかというと

アメリカの客は応援してくれようと

してくれるし、よく笑ってくれる。

そう考えると日本人の方が

厳しいかな。

 

 

Dragon― 日本人ってアメリカでもコメディアンとして成功できそうですね。  
小池亮介(Rio Koike)

そう思うよ。

もっとやればいいと思う。

 

45歳日本テレビ ドキュメンタリー

日本テレビ ドキュメンタリー
Dragon― コメディアンはずっと続けていくんですか?
小池亮介(Rio Koike)

わからない。

今はコメディアンでやっていってるけど

もし舞台がなくなったら

コメディアンいらないからね。

 

オリンピックでレスリングが

なくなって騒いでるけど

それは仕方ないと思ってる。

ルールは変わるものだからね。

 

 

Dragon― じゃぁ何になるんですか?
小池亮介(Rio Koike)

元々文化人になりたかったから。

いまは3本映画つくろうとしてて、

それも撮影から編集から

自分で創ろうとしてる。

 

本もスマイル英語とか

けなし力とか自分が経験したことを

伝えたいって思って書こうとしてる。

 

 

45歳初監督映画、所ジョージは失敗予見

Dragon― 確かに所さん言ってましたね、テレビでw
小池亮介(Rio Koike)

芸人としてはオイシイ。

監督としても美味しい。

 

 

野望『米国でコメディ映画つくる』

『米国でコメディ映画つくる』
Dragon― どうしてまた映画なんですか?
小池亮介(Rio Koike)

映画はいいよね。

全部自分でできちゃうし。

でも初めてだよ。

 

今までは人がいないところで

やってきたけど、

映画創りたい人はたくさんいるからね。

 

そういう分野に攻めるのは

初めてだからやってみないと

わかんないよね。

 

映画って創れるもんですか?

 

いい時代になったよね。

はじめアメリカにきたころなんて

今みたいに自分で簡単に

デジカメで撮影できて

Macで編集するなんてできなかったからね。

 

それであきらめていった人

たくさん見てきたし。

 

ほんといい時代だよね。

 

映画ってお金かかるイメージありますもん。

 

映画創りたいけど

お金が、って人多いと思うけど

だからこそ俺はまったく金をかけずに

作ってみようと思ってる。

 

Mr soybeen楽しみです。w

 

ダライラマファンの人に

訴えられるぞって言われることもあるけど、

そこまでいったら成功だと思うしね。

そしたらチベットの紛争問題にも

注目集まるし、映画の宣伝にもなって

いいだろうくらいに思ってるよ。

 

実際訴えられたら

お金かかるし大変なんだろうけど。w

 

みなさんに喜んでもらえるもので

自分が出来そうなものを

これからもやっていきたいね

生き方『特定の生き方にこだわらず』

Dragon― 年齢関係なく新しいことにチャレンジしてる リオさんの生き方は勇気与えられますね。
小池亮介(Rio Koike)

どうなんだろうね。

でも最近テレビとかいろいろ取り上げられて

それ見て奥さんと不思議に思ってるよね。

 

俺みたいな生き方

本当にくずなのにねって。

 

時代は変わってきたんだなって

思うね。

 

特定の生き方にこだわらず

生きていきたいね

贈る言葉『人からの贈る言葉などは受け入れず』

Dragon― いま新しい事に挑戦しようとしている若者がいたら、RIOさんならなんて声をかけますか?
小池亮介(Rio Koike)

「人からの贈る言葉などは受け入れず」

という私からの贈る言葉も受け入れず。

 

やったらいいよ。

小池亮介(Rio Koike)

小池亮介(Rio Koike) - スタンダップコメディアン(Age:50)
脱PAN年齢:25歳(,
ニューヨーク(在住経験地:, , , ,
, , ,

今後の挑戦

  • 2013年 映画作り 脚本して主演して監督する
  • 2014年 映画作り 主演して監督する
  • 2015年 映画作り 監督専念
LINEで送る

他の挑戦者を見る