ハリウッドに出る!

YOSHI(渡辺好博)YOSHI(渡辺好博) - 東京サーカス団長
ハリウッドに出る、という夢を持ち、アメリカに出てきた東京サーカス団長、YOSHI。 世界一物価が高いといわれるニューヨークを、路上パフォーマンスで得られるチップだけで生き抜くはんぱない男。「笑顔を世界に。」という理念のもと、東京、アメリカ50州、ヨーロッパ、東北被災地、と各地をまわり人々の笑顔を掘り起こしている。 ハリウッドに出たい!ニューヨーク、東京に劇場を建てたい。横浜みなとみらいにレストランを創りたい!と野望だらけの男。 被災地のためにと36時間踊るぞ!と勝手にイベントを企画し達成した男。路上で腰振りパフォーマンスという、誰にでもできるけど、絶対誰もやらない事を、続ける無敵な男。ニューヨークからカリフォルニアまで歩いていく男。 そんなYOSHIさんのぶれない男の生き様をLIVE。

対談者:Dragon

Dragon

友達に誘われ、東京サーカスのショーを見にいく。全く意味がわからなかったが、なんか気になって帰宅後HPをチェック。そこでベタぼれし、メッセージを送って会ってもらった。スーパーかっけー男だと未だに崇拝。LiveCollectioNに引き続き、溜まり場にご招待!

[公開日] 2012/12/28(最終更新:2015/08/07)

LINEで送る

05歳Back to the future見てアメリカ行きを決意

Dragon― なんでハリウッドなんですか?
YOSHI(渡辺好博)

子供のときバックトゥザフューチャー見て

これだ!って思って。

ハリウッドに出たい!って。

 

それだけ。

だから大学もハリウッドに近い、

カリフォルニアの大学にしたし、

専攻も興味のあった映画制作とか

ダンスとか 映画関係のことを学んだよ!

19歳カリフォルニアの大学進学

カリフォルニアの大学進学
Dragon― カリフォルニアの生活はどうでした?
YOSHI(渡辺好博)

とにかくお金がなくてねぇ。

親にもお金を借りてたからね。

少しでも負担を減らそうって思って、

バイトならなんでもやったよ。

 

飲食業はもちろん

ペンキ塗りの仕事や牧場で牛の金玉を切ったり

ヌードモデルや男版のストリップまで、

ほんとなんでも!

24歳Tバックで大学の卒業式に出席

Tバックで大学の卒業式に出席

25歳夢破れ最後の悪あがきでアメリカ永住権に応募してから日本帰国

Dragon― やっぱりハリウッドへの道は厳しかったんですか?
YOSHI(渡辺好博)

そうだねー。

でも結局は自分が甘かったんだろうね。

振り返ったらニューヨークでの

生活はただバイトして

楽しんでただけだもんね。

26歳東京サーカスを一人で始める

東京サーカスを一人で始める
Dragon― 就職しながら東京サーカス?なんで路上パフォーマンス?
YOSHI(渡辺好博)

やっぱり夢をあきらめきれなくてね!

とりあえず何か始めようと思って。

それでお金もかからず誰でも始められる

ストリートパフォーマンスを始めたのよ!

 

それが東京サーカスの始まり。

27歳ニューヨークを本拠地にパフォーマンス開始

ニューヨークを本拠地にパフォーマンス開始
Dragon― パフォーマンスってどれくらい稼げるんですか?
YOSHI(渡辺好博)

多い時は一日100ドル、

少ない時は5ドルくらいの時もあるよ。

ほんとギリギリの生活だよね。w

shapeimage_3 

 

 

Dragon― ニューヨークで腰ふってて、ふと「おれ何してんだろう。。」って思うことないんすか?w
YOSHI(渡辺好博)

それがないんだよねー。w

今までの人生で迷ったことって あんまりないね!

将来やりたいことが 明確にあるからかなぁ。

 

自分は絶対大丈夫っていう

強い自信だけはあるよね。w

 

30歳東日本大震災の1ヶ月後単独で被災地石巻慰問

東日本大震災の1ヶ月後単独で被災地石巻慰問
Dragon― 本当にペンギンの格好で行ったんですか?
YOSHI(渡辺好博)

そうだよ。w

実際行ってみるとあまりの凄まじい光景でねぇ。

ボランティアの人たちを見ながら、

考えこんだよ。

笑顔を届けたいということが

本当にいま被災地の人にとって

必要なことなのかって。

正直怖さもあったね。

 

津波が来てまだ1ヶ月しか経ってなかったから。

でも自分に出来るやれるだけのことをやろうって、

振り切って行ったんだよね。

実際行ってみたら子供たちや親御さんたちの反応は

想像していた以上に温かくて。

 

もちろん被害状況は絶句するほど

ひどく無惨な光景だったけど、

そこに住む人は僕らとなんら変わりなかった。

 

僕らがいつも笑いを求めているように、

やっぱり笑う場所をみんな

求めていたのかなって思ったねぇ。

 

31歳単独でヨーロッパ10カ国を周りパフォーマンス敢行

単独でヨーロッパ10カ国を周りパフォーマンス敢行

32歳セレモニー出席のためアメリカ大陸を走って横断

セレモニー出席のためアメリカ大陸を走って横断
Dragon― まじで走ってカリフォルニアいくんですか!!
YOSHI(渡辺好博)

いくよー!

大学の時にすごくお世話になった知人が

亡くなってしまって、

そのセレモニーが6月に

カリフォルニアであるんだけど

それを目指して途中

その人のご家族やお友達を尋ねながら、

その人が残して行った人の輪を

自分の足で走って繋げるっていう

ドキュメンタリーを撮る計画です。

 

ハイテクな時代だけど人の温もりとか

繋がりを自分自身の体と心で

直接に感じてみんなにも

伝えたいって いう感じです。

33-34歳インタビューから2年後(※挑戦者の歩みは2年ごとに更新されていきます)

インタビューから2年後(※挑戦者の歩みは2年ごとに更新されていきます)
Dragon― その後、実際にカリフォルニアまでいかれたんですか?
YOSHI(渡辺好博)

行ったよー。

 

2013年の3月にニューヨークを出発して半年かかって9月にカリフォルニアの目的地に到達しました。6ヶ月で約6000キロ歩いたね。

166743_10152605967220223_1383206878_n

6月のメモリアルセレモニーには間に合わなかったから一度飛行機でセレモニーだけは出てその後また歩いてたところまで戻って最後までまた歩ききりました。

 

 

Dragon― ヒッチハイクと徒歩だったんですよね?
YOSHI(渡辺好博)

徒歩だけだよ!

 563148_10153310652535223_539967832_n

 

Dragon― ヒッチハイクも交通機関もなしですか?
YOSHI(渡辺好博)

途中泊めてくれた人がお家に車で連れて行ってくれた事もあったけど次の日ちゃんとそこまで戻してもらってまたそこから歩き始めたよ。徒歩で横断するってことが目標だったからね。。

 1377500_10153305817335223_2115053777_n

死にそうな思いもいっぱいしたけどね。ニューヨークを出発した時は大雪だったし、その後吹雪、嵐にもあったな。山の上で凍えそうになりながら朝を迎えたり、雷が目の前に落ちたり、ハリケーンもあったし、シカゴでは丁度洪水にあっちゃってその後アイオワ州、ネブラスカ州あたりでは40度超えてる中何十キロも続くトウモロコシ畑を通ったり。

 548373_10153254154425223_2004956655_n

ワイオミング州を超えてユタを通る頃は人口密度が極端に減るから一週間分の水と食料をベビーカーに乗せて押しながら移動したよ。最高5日間くらい人にも会わなくてやっと人に会えた時は本当に嬉しかったな。

 1184836_10153237980970223_596691145_n

最後その学生時代にお世話になった人のお墓まで歩ききってゴール。本当に沢山の人達と出会って助けてもらっていろいろな事を教えてもらいました。大自然から学んだことも沢山あったよ。

 1233607_10153243766595223_463609339_n

 

Dragon― 寝るところとかご飯とかどうしてたんですか?
YOSHI(渡辺好博)

基本ずっと野宿だね。最低週に一度はモーテルでシャワーしたり洗濯したりしたけどね。最初は寝袋も無くてアウトドアショップで売ってる銀色の薄いシートだけ。そこからピザのダンボールの箱をもらって下に敷いて寝てたけどさすがに雪は辛くて寝袋を購入。

 

食事は街があればレストランにも入ったけど基本は持てるだけの食料をバックパックに詰めて移動してお腹が空いたら食べてた。キャンプ用のコンロを持って行ったからよくラーメンを作って食べたよ。

 9248_10153267773440223_1589424604_n

ワイオミング州から先は2、3日街がないということが出てくるのででっかいベビーカーを購入して、水と食料を押して歩いてたんだけど、ベビーカーを手に入れた後は舗装された道路を行かないと逆に大変で山道なんかは本当に苦労したよ。

 1380569_10153305816630223_1469484178_n

 

Dragon― めちゃくちゃですねw それで今度は日本縦断ですか?
YOSHI(渡辺好博)

旅の途中、日本人としていつか日本を歩いて縦断したいという思いが出てきたんだよね。

 10169386_10154198732815223_6031401639897711305_n

その冬に日本に一時帰国したんだけど半年バイトした後、北海道から大阪まで歩きました。一筆書きで全都道府県を制覇したくて今は28都道府県、約3300キロ歩いた所。

 

アメリカの永住権の関係で今はまたニューヨークに戻ってきたけど今年の5月にまた大阪からゴールの九州へ向けて歩くよ。

 

10477883_10154737937015223_6454690526092369133_n 

 

Dragon― 徒歩って命がけですよね?w 途中でやめたくなる時はないんですか?
YOSHI(渡辺好博)

んー途中でやめられないよねw 自分で決めた事だから。

 

もちろん命の危険もいっぱいあるよ。特に日本は道が狭いから古いトンネルや県境の峠越えなんかは生きた心地がしないよ。

 

夏の猛暑や台風の時も大変だったな。熱中症にもかかったしね。でも素晴らしい出会いや本当に奇麗な景色を見るたびに本当にここまで来て良かったなって思えるんだよね。だからまた前に進める。

1385424_10154679238465223_620837773855241939_n

そしてもちろん大変だからこそやりがいがあるしゴールした時の感動は何にも代え難い自分の財産になるよね。

野望『ハリウッドに出る!』

『ハリウッドに出る!』
Dragon― 将来YOSHIさんがやりたいことを 教えてください。
YOSHI(渡辺好博)

いっぱいあるよー!

ハリウッドに出たいし、

東京とNYに東京サーカスの箱も創りたいし、

横浜のみなとみらいにレストランもつくりたいし!

 

人の笑顔につながること、

世界を相手にすることがやりたいね!

生き方『アル中にはもっと酒をのめっていいたい』

『アル中にはもっと酒をのめっていいたい』
Dragon― どんな生き方がかっこいいですか?
YOSHI(渡辺好博)

やっぱり人は

とことん好きな道を歩むべきだと思う。
アル中にはもっと酒をのめっていいたいくらいw

 

人生一度っきりだし

やりたいことやった方が絶対にいいよね!

僕はその生き方しか知らないけど、

心からそう思う。

 

もちろんいろんなことあるけどね!

贈る言葉『自分に正直に生きろ』

『自分に正直に生きろ』
Dragon― よしさん今まで人生の選択で迷ったり考えたことあります?
YOSHI(渡辺好博)

僕はあまり迷った事はないけど

どういう状況であれ

自分に正直に生きろって言いたいかな。

わがままに。

 

迷ったり悩んだり考えたりする事は

もちろん素晴らしい事だと思う。

全てが上手く行かない時の方がもちろん多いし、

自分が正しいと思ってやってる事でも

必ず敵は出てくるから。

 

でもどんな時でも

自分のすべてをかけて進みたい道を

進まないと結局生きてる意味が

無い気がするな。

 

自分に嘘をついても

最後に後悔するのはやっぱり自分だし。

何か困った時は発想の転換が

大事な事を忘れないで欲しい。

 

ピンチはチャンスって良く言うけど

本当にそうだと思う。

死にたいと思ったら逆に

命を懸けて何かをやってやろうとか。

 

1度きりの人生だからって守りに入るんじゃなくて、

どっちに転んだって1度きりの人生なんだから

自分に懸けてみるとか。

 

この世界に今生きてるだけでも奇跡だし、

本当に素晴らしい事なんだから、

今自分がどんな状況にいようと

その一瞬一瞬を楽しまないと損だよね。

 

ニューヨークなんて物価や家賃も高いし、

いつも街に飲み込まれそうになるけど、

そんな時もその状況を

楽しむくらいの余裕を持って欲しいね。

 

常に自分の全ての感覚を生かしてね。

みんなを笑顔にしたいと思って

路上で腰を振ってても、

不謹慎だとか気持ち悪いとか

つばをかけられる事もあるけど、

それに対して怒るんじゃなくて

そう言う人達こそ心から笑える社会を

おれは創ってやるんだって。

 

そんな中一人でも

心から笑ってくれる人がいれば嬉しいし、

本気で何かをやってたら

必ず誰かが見てくれてるし

道は開けてくるはずなんだよね。

不思議なものでね。

 

何より自分が死ぬ時に

本気で生きてたって思えるはずだしね。

YOSHI(渡辺好博)

YOSHI(渡辺好博) - 東京サーカス団長(Age:37)
脱PAN年齢:19歳(,
ニューヨーク(在住経験地:, ,
, , ,

今後の挑戦

  • 2013年 短編映画「サーカス」公開
  • 2013年 ドキュメンタリー映画完成
LINEで送る

他の挑戦者を見る