世界一の日本に!

山中真次(Shinji Yamanaka)山中真次(Shinji Yamanaka) - サンダーバードMBA
赤坂の大手広告代理店から世界へ飛びだした日本大好き男、山中真次。 大学時代は仲間とBARを経営し、代理店時代は中国の第一線で働いていた。今は国際ビジネスの分野で世界トップを誇るサンダーバード大学院にてMBAを専攻している。 見た目のチャラさからは想像つかないほどの日本愛をもつ男。見た目のチャラさからは想像つかないほどの頭脳と行動力を併せ持つ男。 世界一かっこいい国にするため、動き続ける彼の生き様をLIVE!  

対談者:Dragon

Dragon

震災時につくったビデオをきっかけに、Twitterで知り合ったしんじ。早速次の日に飲みにいき意気投合。LiveCollectioNに引き続き、溜まり場に勧誘!

[公開日] 2012/12/28(最終更新:2015/08/16)

LINEで送る

20歳新宿2丁目で友人とバーを開業

新宿2丁目で友人とバーを開業
Dragon― 儲かってたん?
山中真次(Shinji Yamanaka)

バーはねー、 儲かってなかったね!

完全赤字。 自分らで飲みすぎたww

夜か就職かでは結構本気で悩んだよ。

 

夜の仕事を選びたかったけど、 親

の今までの自分への投資を考え

就活することにしたよ。

23歳大手広告代理店入社。1年目から中国出張

大手広告代理店入社。1年目から中国出張
Dragon― 中国出張なんてよく行かせてもらえたね?
山中真次(Shinji Yamanaka)

大学で中国経済を学んでたのね。

それで就活中は、

”中国語できまーす!”

”アジアに進出する企業のマーケティング支援したいでーす!”

って言ってて。

 

そしたら

「んじゃ、海外に進出してる企業の担当だね」

的な話になり、、採用が決まり、急にびびり、、

 

 

Dragon― 中国語話せたん?
山中真次(Shinji Yamanaka)

そんなに。。

だから入社まで中国に5ヶ月の自費留学して、

中国語ペラペラの韓国人が現地でお相手下さり、

なんとか少し話せるようになった。

 

んで入社後も熱くアジアと中国に対する   気

持ちを会社にぶつけ、

主に日本企業の中国マーケティングを

担当する部署に   配属が決定!

 

故に、けっこう出張に行かせて頂けました。

感謝。。

25歳MBA留学を決意。

Dragon― 志したきっかけは?
山中真次(Shinji Yamanaka)

中国出張のときに感じた、

アジアビジネスのダイナミクスや

躍動感を 忘れられないのと同時に

世界における日本のプレゼンスの低下に

勝手に真剣に焦ってきまして。

 

何よりも自分自身が

真のグローバル人材にならないと

何も変わらないと思って。

といった具合で!

26歳アリゾナ州にあるThunderbird School of Global Businessで2年間のMBA留学を開始。

アリゾナ州にあるThunderbird School of Global Businessで2年間のMBA留学を開始。
Dragon― どうしてサンダーバードに行こうと思ったの?
山中真次(Shinji Yamanaka)

世界の仕組みを世界視点で知る為。

 

本当は中国のMBAスクールに行って、

アジアに特化した勉強をしたかったんだが、

しかし。 世界で何をするにも、

世界がどう動いているかの仕組みが

分かっていないといつまでも

コントロールされる側になってしまう。。

 

世界における日本のプレゼンスを高める、

っつぅ志を持っているからには、

世界視点で世界のことを学ばないと、

と思いまして。

 

 

Dragon― サンダーバードってそんなにすげぇの?
山中真次(Shinji Yamanaka)

 サーダーバードは実は国際ビジネスの分野で

世界トップの学校なんです。

学生の半分以上は、

世界から来ているノンアメリカン。

 

これから世界で戦う、または助け合う、

中国人やインド人、

アメリカ人やブラジル人と

コミュニケーションをとって、

彼らの価値観を学ぶにはココが最高の舞台だな、と。

 

それに最低限世界トップクラスの人たちと

ビジネス会話が英語でできるくらいには

なりたかったしね。

それが理由!

 

 

Dragon― 実際行ってみてどう?
山中真次(Shinji Yamanaka)

想像をはるかに超えてた。

仮に今まで自分が新聞を読んでて

理解できたことが5%だったとするじゃん。

ある記事の背景も含めた理解力って意味でね。

 

 

それが今は50%くらいは

理解できるようになったなって思うんだよね。

世界経済や外交とかいろんな事学んで、

その裏にある理由まで

読みとれるようになってきた。

といってもまだ50%だけど!

 

あと本当にサンダーバードに来て

よかったなーって思うのは

世界とのコネクションが強いとこ!

プログラムの一環で世界各地を周るんだけど、

中国で北京大学、上海で復旦大学に

交換留学しまして。

 

中国トップ大学のの優秀な

MBA学生とクラスを共にして、

切磋琢磨討論できるんだよね。

おもしろくない?

野望『オレは日本を世界から敬愛される国であってほしいと思ってる。』

Dragon― どういうこと?
山中真次(Shinji Yamanaka)

未来の日本の子供たちが、

「生まれ変わっても日本人になりたい!」

そう思ってもらえるような、日本。

子供たちが誇れる国。

 

俺らの爺ちゃん婆ちゃん、

親の世代が俺らにそうしてくれたように。

フィンランドやフランスがそうであるように。

”世界で一番!”の何かがあれば、

そして世界がそれを認識するほどのものであれば

その国の人たちは、自分の国を誇りに思える。

 

キーワードは”文化と倫理”。

ただ独特なだけでなくて、

世界のスタンダードになってもおかしくないもの!

 

アメリカに自由、

フランスに高級ブランド、

フィンランドに高等教育、

タイにヒッピーリゾートがあるように。

日本には世界に誇るべき文化と道徳観がある。

 

まずはアジアでおっきな

文化交流イベントをやる予定。

オンラインとオフラインの文化の

プラットフォームを創りたい。

 

日本の文化と倫理観で

アジアの人たちの感情を

一つにできると思う。

 

経済や政治でどんな対立があっても、

人の生活に他国の文化は溶け込んでるでしょ?

 

日本は文化と道徳観でアジアをリードできる。

アジア人民を統一することができる

ポテンシャルがあるんです!

生き方『世界で影響力のある○○人に選ばれる』

『世界で影響力のある○○人に選ばれる』
Dragon― 将来どんな生き方できたら理想?
山中真次(Shinji Yamanaka)

世界で影響力のある○○人に選ばれる。

例え、10,000人でもww。

 

俺自身は大好き家庭を持って、

日本以外の違う国から

日本をサポートする仕事してたいなー。

贈る言葉『"Seeing is worth thousands words" 「百聞は一見にしかず」』

『"Seeing is worth thousands words" 「百聞は一見にしかず」』
Dragon― いま世界へ飛び出そうか悩んでいる若者がいたら、しんじならなんて声をかける?
山中真次(Shinji Yamanaka)

アクションを起す前に、今ある、

もしくは創れるオプション(可能性)を

考える事は大切。

 

自分は将来何がしたいのか、何ができるのか。

一つ一つの可能性が自分に与えてくれるのもは何なのか。

でも、それは1日で十分ではないでしょうか。

24時間考えて分からなかったら、

きっと今すぐは分からない。

だから行動して、

自分で一つでも多くの可能性を

創る事が大切だと思います。

 

僕らが頭で考えている事なんて、

世界で現実に起きている事に到底及びません。

考える前に見てみて、触れてみて、感じてみて下さい。

 

どんなに時間をかけて考えても、

「経験」がそれを無にする事があるんです。

山中真次(Shinji Yamanaka)

山中真次(Shinji Yamanaka) - サンダーバードMBA(Age:32)
脱PAN年齢:26歳(,
海外出るとき捨てたもの:サラリーマン
東京(在住経験地:, ,

今後の挑戦

  • 2013年 自分で文化交流プラットフォームを立ち上げて、日本の次世代競争優位産業を盛りたてる
  • 2013年 e-market placeで日本のものづくりの世界進出を加速
LINEで送る

他の挑戦者を見る