日本と世界を繋げる起業家になる。

大野祐生(Yuki Ono)大野祐生(Yuki Ono) - 平成の土方歳三
「日本を世界へ発信する」ため高校卒業後にアメリカへ留学。コンサル、NPO代表、起業など、アメリカ生活11年を経て帰国。日本企業の海外事業部設立に携わり、9ヶ国でプロジェクトを企画・運用後に転職。監査法人の海外経営企画として、日本の尖った技術力・サービスを世界へ発信するエコシステム構築に携わる。また日本酒を世界へ発信する取り組みSAKE+や、世界中の同世代を繋げる84’ Worldなど、世界中にネットワークを広げる取り組みを積極的に行う。

対談者:Dragon

Dragon

ニューヨークの84年生まれの会に参加して出会う。震災ムービーを見て興味もってくれていて、二人で飲みにいく。その後、司馬遼太郎好きを集めたSHIBA祭♡に誘う。長い付き合いなり、日本の歴史と現状、ニューヨークの実体験から日本人を目覚めさせるぞって意気投合し溜まり場づくりにはいる。見た目は近寄りがたいがかなり優しい男である。

[公開日] 2013/03/10(最終更新:2017/01/16)

LINEで送る

03歳プロのヴァイオリニストを志す

Dragon― ヴァイオリンはどのくらいやってたん?
大野祐生(Yuki Ono)

母方が音楽家系だった影響で、

ヴァイオリンは3歳からやってて

今でもたまに弾いてる。

 

自分で何かを表現できるのが

すごい気持ちよくて、

毎日8時間くらい弾いてたな。

 

ただ、教えてもらってた人とかに

こう弾かなくてはいけない!とか、

いわゆる型にはまれなくて、

こっちのほうが効率いいんじゃないの?

って思い始めると、絶対従わなかった。

 

音楽だけじゃなくて何でもだったけど

かなりの頑固者やった。

自分の価値観が絶対と思ってたから、

そこまでしか可能性が見れなくて、

自分で自分の成長を止めてた。

 

その自信はどっからきてたのか

今でも不思議で仕方がない笑

 

IMG2

16歳大事故で前歯8本失い死にかける

Dragon― 前歯8本今も無いん?
大野祐生(Yuki Ono)

はい、入れ歯ですし、

なんなら毎日ポリデントです。

 

 

Dragon― その年で入れ歯になって凹まなかった?
大野祐生(Yuki Ono)

いやー凹んだ~1週間くらい笑

多分、すぐに忘れて切り替えられるのは

俺の特技なんやと思う。

 

むしろ、これってネタ的に面白いやん!

みたいに思ってワクワクしてた笑

 

初対面の飲み会で急に入れ歯外して、

ビールで洗ったりとか、

急に出っ歯になったりとか。

いかに相手を驚かすかに命かけてたな~。

 

th_251761_194939773884918_104479_n

17歳彼女の親に木刀で殴られて死にかける

Dragon― よく死に掛けてるなー!
大野祐生(Yuki Ono)

自分の人生は、お釈迦様の手の平の上で、

落ちそうなギリギリな所で止められて

もてあそばれる人生だと思ってて笑。

 

毎回結構やばいとこまでいくんやけど、

毎回ぎりで助かる笑。

 

もう走馬灯なんて見飽きたくらい見たし、

三途の川は何回往復しただろうってレベルやし

人生いつ終わるかわからんな、っていうのを

身をもって体感してる。

 

th_307818_10150299248707208_786254_n

18歳バイトを5つ掛け持ちして3年間貯金し渡米

Dragon― バイト5つ同時ってすごいね笑!
大野祐生(Yuki Ono)

登録とか派遣系のバイトは、
朝と夕方の点呼以外は確認しない事が多くて。

 

朝点呼でて、
そこから別のバイトいって、
夕方点呼までに戻ってきて、
そこから別のバイトいって、
夜遅くまで働いてから、
片道2時間かけてバイクで神戸に
ラーメン喰いにいったりして。
きつかったけどめっちゃ楽しかったなー。

 

いかに短期間で効率よく稼ぐか、
ってことを考えてた。
職場リーダーも兼任してたから、
リーダーシップについて考え始めたのも
この辺りの時期からかな。
かけがえの無い経験になってる。

 

th_155909_170291003116643_26085122_n

21歳白人99%・黒人1%・日本人1人という学生生活を体験

Dragon― 日本人1人の学生生活ってどんな感じ?
大野祐生(Yuki Ono)

毎日が戦争。

 

デザイン学校やったから、

毎日自分の作品をプレゼンしてたんやけど、

出来に対する批判っていうよりは、

人種的な批判が多かった。

 

めっちゃ負けず嫌いな性格やったから、

作品に対する批評以外については、

徹底的に噛み付いてた笑

 

英語やったら口論になったら負けるから、

廊下まで相手を引きずっていって

日本語で相手を5分くらい怒鳴りつけて

相手の目が点になってたときもあった笑

 

なんせ日本人が学校に俺一人やったし、

アジア人自体が余りおらん州やったから、

俺が舐められたら日本人が舐められると思って

日本を勝手に代表して戦ってた。

 

buffy

 

26歳New Yorkで一年間に千人と吞む目標達成

Dragon― 1000人と吞んで何か変わった?
大野祐生(Yuki Ono)

この時期、会社の仕事に追われてて
自分の視野が狭くなってるのを感じてた。

 

このままじゃまずい!って思って、
色んな人に吞もうって決めた。
上辺だけの軽い付き合いじゃなくて、
一人一人、サシで日本酒を語り吞み。

 

これが面白かった!!

 

合う人も居れば、合わない人も居る。
色んな人とふれあった事で、
柔軟に考えられる様になったし、
『この人と一緒に仕事したいな!』とか、
『こういうとこええな!ぱくろ!』とか、
全ての人から学ばせてもらった。

 

色んな考え方、感じ方があって、
正しいとか、間違ってるとか、
無いな!って思った。

 

後、肝臓悪くしたことかな。
流石にドクターストップがかかったから、
おすすめはできへんな笑。

 

th_326514_278560562206970_1805115057_o

26歳同世代を繋ぐ為『84年生まれの会』設立

Dragon― 84年会を設立したキッカケは?
大野祐生(Yuki Ono)

3月11日に震災があった時、
余りにもNYに居る日本人同士の繋がりが
弱い事に愕然としたのがキッカケ。

 

日本人はいっぱいNYに住んでたし、
何かせなあかんって人もいっぱい居たけど、
ばらばらに動きすぎてて、もっと日本人として
まとまらなあかんって思ってん。

 

だからNYにいる同世代が集まれる場を作って
その中で更に同じ方向を向いている人が集まって
また別のグループを作って繋がっていく。
そういう場所を創りたかった。

 

今は2ヶ月に1回ほど集まって吞んでる。
毎回30人くらい来てくれるけど、
半分くらいは新しい人。
人と人が出会う場所として、
うまく機能してきてくれたように感じる。

 

84nenkai

27歳IT会社『CaMEL STUDIO, Inc.』設立

Dragon― なんで個人起業したん?
大野祐生(Yuki Ono)

海外から日本を見ている分、
どんどん世界から日本の影響力が
無くなってきているのを肌で感じる。

 

日本が世界に誇れるモノって一杯有る。
その中で、特に自分が思い入れが有るモノ。

 

日本酒であったり、
能・狂言であったり、
日本人のデザインであったりする。

 

この辺りって、すごいコンテンツ力はある。
でも、騒がれてるのは日本の中だけで、
ちっとも世界に発信出来ていない。

 

もったいないし、
何より悔しい。

 

日本と同じ売り方とか、
見せ方をしては通用しない。

 

アメリカ一つを見ても、
色んな民族が居て、
地域ごとに全く色合いが違って、
色んな宗教的背景が有る。

 

日本でずっと生きてきた人や、
業界一筋で来た人では、
分かりにくい所だと思う。

 

だからこそ、
俺みたいなのが要る。

 

心から思い入れがあって、
アメリカに10年以上居て、
IT業界に居る俺だから、
素晴らしいモノ達を
世界に持っていく手伝いが出来る。
そう思って会社を設立してん。

 

th_IMG_4757

野望『日本と世界を繋げる起業家になる。』

Dragon― ゆうきの野望は?
大野祐生(Yuki Ono)

心から思い入れが有る日本のモノを、
心から信頼出来る仲間達と力を合わせて、
世界に発信するビジネスを展開していく事で、
日本と世界を繋げる起業家になる。

 

th_542956_10150922830152208_684935076_n

生き方『あー、いい人生だったな。といって死にたい。』

Dragon― どういう風なのが理想な生き方?
大野祐生(Yuki Ono)

よく死にかけるから、
理想の死に方をいつも考えてる。

 

愛する人と、
大好きな仲間達が近くに居てくれて、
今まで吞んだ中で最高の日本酒を吞みながら、
今まで食べた中で最高のアテを食べて、
一言。『あー、いい人生だったな。』
といって死にたい。

 

そのためには、
自分自身が出会う全ての人に対して、
常に誠実で居ないといけないし、
旨い日本酒とアテも知っとかなきゃいけん笑。

 

逆算すると自分が
今何しなきゃいけないかよく分かる。

 

th_150146_10150911597307208_2140419168_n

贈る言葉『オリジナルを探し続けてください。』

Dragon― 若者に贈る言葉を一言!
大野祐生(Yuki Ono)

世の中、色んな情報が流れていて、
それらしい言葉が溢れています。
それらは聞いていると、一々もっともで
とても正しい事の様に感じます。

 

しかし、それは自分の言葉ではありません。

 

聞いた情報、起こった出来事、自分の進む道、
何に関しても言えると思います。

 

大事な事は考え続ける事。
色んな角度から検証してみる事。
それが合ってるか、間違ってるか、
他人と同じ意見で有るかどうかは、
重要では有りません。

 

自分なりに考えて、
自分なりの結論を出して、
自分の軸を固める事で、
オリジナルになる事が、
日本が世界で勝負をかけていく上で、
大事な事だと思います。

 

テンプレートではなく、個性を。
自分だけのオリジナルを探し続けてください。

大野祐生(Yuki Ono)

大野祐生(Yuki Ono) - 平成の土方歳三(Age:33)
脱PAN年齢:18歳(,
東京(在住経験地:, , , , , , , , , ,
, ,

後日談

31歳初インタビューから3年後

Dragon― この三年振り返ってどうやった?
大野祐生(Yuki Ono)

日本を世界へ発信するために、
自分が具体的に何をできるかを
模索し続けた3年間やった。

 

世界進出に取り組む某R社へ入社し、
海外事業部設立に携わって、
世界9ヶ国で30プロジェクトを運用して、
理想と現実、人種の壁を感じたり。

 

13906733_10154361346117208_1128203812190404029_n 13912793_10154361346132208_7880270184216258260_n 13938548_10154361346222208_506435518004527566_n 14039947_10154361345727208_1932925731991499284_n

 

日本酒で世界をつなぐため「SAKE+」
「Japan Sake Fest.」を設立して、
日本酒の日に世界5ヶ国で乾杯を行って、
世界の酒好きと酒蔵を繋ぐ
ネットワークを作ったり。

 

14485062_553823801481737_7438173196537932798_n 14572308_557125071151610_4126025669852244516_n15284870_583298531867597_7295170503838219067_n14680495_557122977818486_839535200985038356_n 

 

日本発イノベーションを世界へ発信するために
監査法人グループ内のオープンイノベーションを
推進する会社に転職して、日本政府や大企業、
ベンチャー企業の意志を反映・支援する
エコシステムを構築したり。

 

img_6842

Dragon― 次の目標は?
大野祐生(Yuki Ono)

俺は様々な分野で挑戦する熱量が高い人が
集うプラットホームや、ステークホルダーが
集うエコシステムを構築して、新しい常識を
作って世界を前進させていく場を創りたい。

 

そのためには自分も常に熱量をあげて、
リスクをとって挑戦し続けて、
レベルアップし続けないといけない。

 

将来的には、日本を世界へ発信する
アウトバウンドの分野で第一人者になって、
形骸化する日本を世界へ発信する分野において、
実効的な手段を提供できるようにありたい。

 

具体的には、世界中に拠点を持ち、
海外進出のボトルネックを解決する手段を確立して、
熱量が高い尖ったプレイヤーを支援する
海外展開支援ファンドを運用したい。

 

それが今の目標。

LINEで送る

他の挑戦者を見る