天下に号令するような人物を育てる

吉田松陰吉田松陰 - 塾長
内閣総理大臣2名、 内務大臣4名を出した塾長、 吉田松陰。 幕末志士である高杉晋作を初め 久坂玄瑞、木戸孝允、伊藤博文、山県有朋、など、 蒼々たる面子が生徒にいた。 なんと彼が教えてた期間はわずか2年あまり。 授業料もただ。至上最強の塾だったといえる。 友達との約束を守るために脱藩したり、 死を覚悟で黒船に乗り込んだり、 あの高杉晋作でさえ止めるほど、 むちゃばっかする男。 誰よりも日本を想い、 誰よりも真っ直ぐに生き、 その結果死刑にされた男。 日本史史上、最高の塾講師、 吉田松陰の熱すぎる生き様をLIVE。 

対談者:Dragon

Dragon

日本の先輩。「世に棲む日々」を読んで、猛烈な生き方にゾクゾクさせられた。思わず溜まり場に勧誘。

[公開日] 2013/03/05(最終更新:2015/05/21)

LINEで送る

本文はすべて司馬遼太郎「世に棲む日々」から抜粋

23歳軍艦に乗り込もうとする

Dragon― よくそんな無謀な行動ができますね?
吉田松陰

決心して断行すれば、

何ものもそれを妨げることはできない。

大事なことを思い切って行おうとすれば、

まずできるかできないかということを忘れなさい。

何事においても出来ないということはない。

それは行動していないだけだ。

24歳再航したペリー艦隊に密航を訴える

Dragon― 本当にあきらめないですね。。
吉田松陰

一ヶ月でできなければ、

二ヶ月かけてでもこれを成し遂げたい。

二ヶ月でもできなければ、

百日かけてでもこれを成し遂げたい。

それでも成し遂げられないのであれば、

出来るまでやめない。

 

24歳幕府に自首

Dragon― どうして自首したんですか? 本当に幕府が共感してるくれると思ったんですか?
吉田松陰

人を信ずることは、もちろん、

遥かに人を疑うことに勝っている。

わたくしは、
人を信じ過ぎる欠点があったとしても、
絶対に人を疑い過ぎる欠点は
ないようにしたいと思う。

24歳長州藩へ檻送され幽囚される

Dragon― もはや周りから狂だと思われていましたが。
吉田松陰

だいたいにおいて、

世間の毀誉(人から言われる事)というものは、

あてにならぬものである。

25歳高杉晋作を始め、幕末維新の志士多く育てる

Dragon― 志士を育てるにあたって心がけていたことは何ですか?
吉田松陰

大器をつくるには、

いそぐべからずこと。

どんな人間でも一つや二つは

素晴らしい能力を持っているのである。

その素晴らしいところを大切に育てていけば、

一人前の人間になる。

28歳暗殺を企て再び投獄

Dragon― 投獄されたときも落ち込まなかったんですか?
吉田松陰

牢に入っては牢で出来ることをし、

牢を出てはそこで出来ることをするだけだ。

29歳幕命により江戸に送致。老中暗殺計画を自供

Dragon― そんなことしたら絶対殺されるってわかるじゃないですか。 なのになぜ?
吉田松陰

かくすれば

かくなるものと知りながら

やむにやまれぬ大和魂

野望『天下に号令するような人物に育てることだ』

Dragon― 野望を教えてください
吉田松陰

この地で過去いなかったような 豪傑を一人二人見出し、 天下に号令するような人物に育てることだ。

生き方『人と異なることを恐れてはならない』

Dragon― どんな生き方が理想ですか?
吉田松陰

自分は志を持つ。

志を立てるためには

人と異なることを恐れてはならない。

贈る言葉『思い立ったが吉日である』

『思い立ったが吉日である』
Dragon― 未来の主役である日本の若者にメッセージをください
吉田松陰

 

やろうと思った事は、

その日から始めるのがよい。

年齢など気にすることはないのだ。

 

思い立ったが吉日である。

百年の時は一瞬にすぎない

君たちはどうかいたずらに

時を過ごすことなかれ

吉田松陰

吉田松陰 - 塾長(Age:47)
日本
, ,

今後の挑戦

  • 20xx年 この地で過去いなかったような豪傑を一人二人見出し、天下に号令するような人物に育てることだ。
LINEで送る

他の挑戦者を見る