職業・職種 / オペラ

釣アンナ恵都子(Anna Etsuko Tsuri)
釣アンナ恵都子(Anna Etsuko Tsuri)

釣アンナ恵都子(Anna Etsuko Tsuri) - オペラ演出家
脱PAN年齢:23歳(音大進学)
ニューヨーク(在住経験地:アメリカ,ニューヨーク,ドイツ,ベルリン,オーストリア,ウィーン,フランス,パリ)
演出家,オペラ

アジア人として初めてオペラ演出学科の名門といわれるベルリンの国立音楽大学“ハンス・アイスラー”オペラ演出学科に入学した釣さん。2005年、世界三大オペラ座といわれるウイーン国立歌劇場の研修を機にウイーンに移住、オペラ演出の学校に入り、年間合格者3人と言うウイーン国立音楽大学オペラ演出学科の入学試験にも、日本人として初めて合格する。 2009年1月にはNHKBS1特集番組 “夢の音楽堂 小澤征爾が誘(いざな)うオペラの世界 ~ウィーン国立歌劇場~”に出演。また2009年3月にはNHKBS1のドキュメンタリー番組“関口知宏のファーストジャパニーズ”で創作活動の様子が紹介された。その中で世界的指揮者小澤征爾氏はインタビューで「釣さんは照明や装置や演出などオペラの裏のことをみんな知っている。こういう人は将来絶対、頼りになる。」と絶賛の言葉を寄せている。 2009年7月にはヨーロッパ演劇界では著名なパリの“太陽劇団“に魅せられパリ移住を決意。2011年からは世界で最も大きい歌劇場の一つである、メトロポリタン歌劇場での研修が始まった。 これだと思ったら、いてもたってもいられない、まさにブルドーザーのような突進的な性格の釣さん。ドイツ語も話せないのドイツにいき、フランス語も話せないのにフランスにいき、そして現在はニューヨークに。その日本人離れした行動力とブレない芯の強さはどこからくるのか、釣さんの生き様をLIVE!

もっと見る