職業・職種 / アーティスト

Hide Ikumo
Hide Ikumo

Hide Ikumo - ミュージシャン
脱PAN年齢:16歳
海外出るとき捨てたもの:とくになし
Los Angeles

音楽好きな少年が留学するのは良くある話だが、ヒデさんは自分でチャンスを掴み夢を次々と実現させていく才能のあるミュージシャン。これからアメリカに行きたい人には参考になる部分が沢山あると思いご紹介させて頂きました。

もっと見る

TiA
TiA

TiA - singer / Japanese recording artist.
脱PAN年齢:26歳
海外出るとき捨てたもの:無し
NY

16歳でエピックレコードよりメジャーデビュー。1stシングル「Every time」がHEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP のエンディングテーマ、2ndシングル「流星」が人気アニメNARUTOのエンディングテーマとなりスマッシュヒット。めざましテレビに生出演し生歌を披露するなど話題となり、1stアルバム「humming」が日本ゴールドディスク賞を獲得。ポニーキャニオンからリリースしたアルバム「Love Attendant」は、music.jp着うた総合1位!レコチョク・クラブうた6作連続1位!横浜BLITZで2回のワンマンを成功させた。2014年よりニューヨークに音楽の拠点を移し、世界を視野に入れた活動となる。音楽の殿堂アポロシアターでは、同点優勝からの準優勝。2万人が収容されるスタジアムで行われた、アメリカ最大級のマクドナルド主催ゴスペル大会にて2万人からファイナリストに選ばれ、日本人初優勝の快挙。2年連続同大会のファイナリストとなった。本場NYのR&B,Soul,の大会、Brooklyn X Factor、Star is born, Rip the Mic, など数々の優勝を獲得。アメリカメジャーアーティストWu Tang Clan (Raekwon),Lyfe Jennings, CASE, and Lil Mama. などのオープニングアクトショーなども勤めた。アジア人快挙を成し遂げ、ニューヨークで注目を集めている。

もっと見る

NAMI (Namiko Suzuki)
NAMI (Namiko Suzuki)

NAMI (Namiko Suzuki) - ダンサー
脱PAN年齢:31歳
アメリカ ラスベガス

4歳から器械体操をはじめ(1989全国YMCAジュニア体操大会個人総合4位)12歳からダンスに転向し、ジャズダンス・ストリート・日舞と様々なジャンルを習得。(直派若柳流2010年師範取得・若柳美次)15歳で初めてバックダンサーの仕事を経験。1998年より川崎悦子氏に師事し(2001-2005 BEATNIK STUDIOアシスタント)NOA DANCE ACADEMY/IDA町田校/Beastar渋谷校/DA東京Studio Turns/Studio55等 都内を中心に、様々なダンススタジオや専門学校で教える傍ら、舞台の出演・振付、クラブシーン等のゲスト出演多数。JAZZ/CLUB JAZZ/GIRL'S HIPHOP/HIPHOP等、幅広いジャンルを教えてきた。長期にわたって東京で華やかな活動していたにも関わらず2011年LAに渡米し、アメリカでプロのダンサーとして活動をしているNAMIさんにこれまでの経験をインタビューしてきました。現在は結婚、出産を経て、ラスベガス在住。Movement Talent Agency 所属だ。

もっと見る

北崎 亜唯斗
北崎 亜唯斗

北崎 亜唯斗 - (Aito Kitazaki)-ストリートアーティスト-
脱PAN年齢:22歳
海外出るとき捨てたもの:日本の常識
東京

1989年神奈川県相模原市生まれ高校を卒業後、日本の社会の息苦しさに違和感を覚え、アートを通して日本を変えたいと決意。 18歳で人生で初めての作品を原宿に描き残したがあえなく警察に捕まってしまい、日本でのストリートアート活動の難しさを痛感する。2012年、本物のストリートアーティストになるためロンドンへ渡英。Graffik Gallery(ロンドン)やBottleneck Gallery(ニューヨーク)その他(ドバイ、ロサンゼルス)で開催されたグループショーに多数作品を出展。 2014年1月、自身初となる個展"MUGENGIKKOU"をGraffik Gallery(ロンドン)にて開催し、高い評価を受け、一部のアート関係者からJapanese Banksyと評される 。同年4月から、東京に拠点を移し、日本初個展"Life is too short"を皮切りに日本での活動も拡大。アーティスト活動だけでなく企業のPR用デザイン、店舗内壁画デザイン、そしてハンティングワールド、コールマンなどの有名企業にもアートワーク提供を行っている。日本だけでなくセブ島、上海でも壁画デザインを担当。2017年はさらに海外での活動を拡大していき、自身初となるニューヨークでのイベントにてライブペイントも10月に予定されている。

もっと見る

R-naby
R-naby

R-naby - HipHop artist
脱PAN年齢:24歳
ニューヨーク

ニューヨークに来てわずか三年、並々ならぬ努力を重ね、数々の苦難を乗り越えて年間150本のステージを披露するまでに成長。本場のHipHop業界でアジア人として前人未到の高みに挑戦する27歳。

もっと見る

Tomoyuki Tamura
Tomoyuki Tamura

Tomoyuki Tamura - ヘアーメークアップアーティスト
脱PAN年齢:29歳
ニューヨーク(在住経験地:アメリカ,ニューヨーク)
ヘアメイクアップアーティスト

ニューヨークでフリーランスのヘアメイクアップアーティストとして活躍する田村さん。年に4回、ニューヨーク、ロンドン、パリ、ミラノと世界のトップファッションショーを飛び回り、「マーク・ジェイコブス」や「ルイ・ヴィトン」といった数多くの一流ブランドの仕事に携わっている。 ファッションショーだけでなく、雑誌、カタログや広告と本場ニューヨークで幅多くの仕事をされている田村さん。 元々は北海道で美容師になり、上京してヘアメイクアップアーティストの道に目覚めニューヨークに来た。 貧乏時代や英語の壁をなんとか乗り越え、自分の居場所をつかみとった田村さんの、生き方にせまる。

もっと見る

Kodo Nishimura
Kodo Nishimura

Kodo Nishimura - メイクアップアーティスト
脱PAN年齢:18歳
ニューヨーク(在住経験地:アメリカ,ニューヨーク)
メイクアップアーティスト

ニューヨークで活躍するメイクアップアーティストKODOさん。 ミスユニバースの世界大会でメイクをしたり、Life&Styleマガジンの表紙、US Weeklyなどいろいろな雑誌やテレビ番組、ファッションショーで働いている。 今でこそ顔にメイクしてカメレオン変化したり、ドラッグクイーンのような装いだったりと超個性的な彼だが、数年前までは、外見も今のように奇抜ではなく、メイクアップを仕事にしようとも思っていなかったようだ。 そんな彼が自分自身を開放していったきっかけは何だったのか。LIVE 

もっと見る

森本和也(kazuya morimoto)
森本和也(kazuya morimoto)

森本和也(kazuya morimoto) - アーティスト
脱PAN年齢:28歳
海外出るとき捨てたもの:正社員
ニューヨーク(在住経験地:アメリカ,ニューヨーク)
アーティスト,ペインター

日本の片田舎からいきなりニューヨークへ、それもサラリーマンからアーティストへと、劇的に針路を変えられた森本さん。 アーティストが本業だけで生きていくのは大変厳しいとされるニューヨークの街で、作品を創り続けることだけで生計をたてている。 数々の賞を受賞し、有名なギャラリーからも声がかかる森本さんだが、教育機関等での美術教育を元に作品を制作したわけではない。 「自分が好きなものを製作し続ける」 毎年夏にはヨーロッパへスケッチ旅行にでかけるという、森本さんの自由でぶれない生き方に迫ります。 

もっと見る

服部夏子(Natsuko Hattori)
服部夏子(Natsuko Hattori)

服部夏子(Natsuko Hattori) - Moco Moco Sculptor
脱PAN年齢:23歳(専門留学)
ニューヨーク(在住経験地:アメリカ,ニューヨーク)
アーティスト,モコモコスカルプター

ソフトスカルプチャーという分野でニューヨークで個展を開催する、服部夏子さん。 一つの作品に20万以上の値段がつく彼女のアートはお手玉のような球体を繋ぎ合わせて創る独創的な作品だ。 日本ではずっと絵を描き、数々の賞を受賞していた彼女。そんな彼女がニューヨークに来て絵をやめ、ソフトスカルプチャーを始めた理由はなんだったのか。 人に与える緩キャラな印象からは想像できない熱くて太い信念をつらぬく、彼女の生き方をLIVE!  

もっと見る

落合佑亮(Yusuke Ochiai)
落合佑亮(Yusuke Ochiai)

落合佑亮(Yusuke Ochiai) - ファインアーティスト
脱PAN年齢:32歳
海外出るとき捨てたもの:恋愛、社長
ニューヨーク(在住経験地:アメリカ,ニューヨーク)
アーティスト,ペインター

ニューヨーク本場で、ペインターとして活躍するゆーすけさん。 元々、スノボーのセミプロであり、3Dグラフィックデザインを手掛ける会社の経営者として日本で10年活躍していた。 そんなゆーすけさんだが、2009年31歳にして、ニューヨークへの挑戦。 日本で得た仕事の実績、安定した収入を捨てて、ゼロからペインターになるため渡米した。 経済的安定、社会的名誉を捨ててまでチャレンジに踏み切ったゆーすけさんの真意はなんだったのか。 その生き様をLIVE! 

もっと見る

さらに表示

LINEで送る