エリア / ヨーロッパ

北崎 亜唯斗
北崎 亜唯斗

北崎 亜唯斗 - (Aito Kitazaki)-ストリートアーティスト-
脱PAN年齢:22歳
海外出るとき捨てたもの:日本の常識
東京

1989年神奈川県相模原市生まれ高校を卒業後、日本の社会の息苦しさに違和感を覚え、アートを通して日本を変えたいと決意。 18歳で人生で初めての作品を原宿に描き残したがあえなく警察に捕まってしまい、日本でのストリートアート活動の難しさを痛感する。2012年、本物のストリートアーティストになるためロンドンへ渡英。Graffik Gallery(ロンドン)やBottleneck Gallery(ニューヨーク)その他(ドバイ、ロサンゼルス)で開催されたグループショーに多数作品を出展。 2014年1月、自身初となる個展"MUGENGIKKOU"をGraffik Gallery(ロンドン)にて開催し、高い評価を受け、一部のアート関係者からJapanese Banksyと評される 。同年4月から、東京に拠点を移し、日本初個展"Life is too short"を皮切りに日本での活動も拡大。アーティスト活動だけでなく企業のPR用デザイン、店舗内壁画デザイン、そしてハンティングワールド、コールマンなどの有名企業にもアートワーク提供を行っている。日本だけでなくセブ島、上海でも壁画デザインを担当。2017年はさらに海外での活動を拡大していき、自身初となるニューヨークでのイベントにてライブペイントも10月に予定されている。

もっと見る

大野祐生(Yuki Ono)
大野祐生(Yuki Ono)

大野祐生(Yuki Ono) - 平成の土方歳三
脱PAN年齢:18歳(高校進学)
東京(在住経験地:アメリカ,ニューヨーク)
海外高校,海外大学,海外就職,IT

「日本を世界へ発信する」ため高校卒業後にアメリカへ留学。コンサル、NPO代表、起業など、アメリカ生活11年を経て帰国。日本企業の海外事業部設立に携わり、9ヶ国でプロジェクトを企画・運用後に転職。監査法人の海外経営企画として、日本の尖った技術力・サービスを世界へ発信するエコシステム構築に携わる。また日本酒を世界へ発信する取り組みSAKE+や、世界中の同世代を繋げる84’ Worldなど、世界中にネットワークを広げる取り組みを積極的に行う。

もっと見る

小池亮介(Rio Koike)
小池亮介(Rio Koike)

小池亮介(Rio Koike) - スタンダップコメディアン
脱PAN年齢:25歳
ニューヨーク(在住経験地:アメリカ,ニューヨーク,カリフォルニア)
コメディアン,スタンダップコメディアン

ニューヨークで活躍する唯一の日本人スタンダップ・コメディアン、リオ・コイケこと、小池良介さん。レギュラーで週に何本もショーを行い、米国でのテレビ出演、CM出演、コンテスト優勝、全米ツアーと輝かしい実績を残している。 そんなRIOさんだがずっとコメディアンを目指していたわけではなく、元々はプロの社交ダンサーやプロのマジシャンとしてアメリカで活躍していた。 そんな彼は現在3本の映画を創ろうと計画中。 誰もやってないことをやることはリスクなんかではなく、すごく合理的で大きなチャンスだ、と語るRIOさん。 常に新しいチャレンジに挑み続ける、マイペースなRIOさんの生き方をLIVE! 

もっと見る

青木孝輔(Kosuke Aoki)
青木孝輔(Kosuke Aoki)

青木孝輔(Kosuke Aoki) - ファッションバイリンガル
脱PAN年齢:18歳(高校編入)
東京(在住経験地:アメリカ,ニューヨーク,ユタ,ロサンゼルス,サンディエゴ)
海外高校,海外大学,ファッション

英語がペラペラな日本人、こーすけ。 ニューヨークの一流ブティック店、Tommy Hilfiger ,Dolce & Gabbana で初めての日本人として勤務。 現在はファッションと教育を繋げるという野望のもと日本、ニューヨークを飛び回っている。 そんな順風満帆に見える彼でもバイト、インターン、学校と睡眠時間3時間、かつ極貧生活に陥り、激やせした体験をした。 アメリカ経験10年、アメリカの酸いも甘いも知るこの男の人生をLIVE! 

もっと見る

木下研生(Kensei Kinoshita)
木下研生(Kensei Kinoshita)

木下研生(Kensei Kinoshita) - 特攻就活
脱PAN年齢:28歳(就職)
海外出るとき捨てたもの:サラリーマン
北京(在住経験地:中国,北京)
海外就職,PR

2012年、大好きだったリクルートを辞め、現在、北京の会社にてマーケティングの仕事に携わっている、木下研生さん。 18歳から中国語の勉強を開始し、22歳で愛知県の中国語スピーチコンテストで優勝。全国大会へも出た。 中国で働くことをずっと目標としてきた彼は、リクルートでの海外展開を待つという選択肢もあるなか、”待つのは自分らしくない”との理由で、退職を決意。 その足で中国へ飛び出し、自力での就活の末、見事、就職先を決めて帰国した。 就活はナビだけじゃない。就職先は日本だけじゃない。”待つ”のではなく”つかみとる” 彼の行動力は、新しい就活、生き方を提示してくれている気がする。 野望に向かって一歩踏み出したけんせいさんの折れない生き様をLIVE! 

もっと見る

釣アンナ恵都子(Anna Etsuko Tsuri)
釣アンナ恵都子(Anna Etsuko Tsuri)

釣アンナ恵都子(Anna Etsuko Tsuri) - オペラ演出家
脱PAN年齢:23歳(音大進学)
ニューヨーク(在住経験地:アメリカ,ニューヨーク,ドイツ,ベルリン,オーストリア,ウィーン,フランス,パリ)
演出家,オペラ

アジア人として初めてオペラ演出学科の名門といわれるベルリンの国立音楽大学“ハンス・アイスラー”オペラ演出学科に入学した釣さん。2005年、世界三大オペラ座といわれるウイーン国立歌劇場の研修を機にウイーンに移住、オペラ演出の学校に入り、年間合格者3人と言うウイーン国立音楽大学オペラ演出学科の入学試験にも、日本人として初めて合格する。 2009年1月にはNHKBS1特集番組 “夢の音楽堂 小澤征爾が誘(いざな)うオペラの世界 ~ウィーン国立歌劇場~”に出演。また2009年3月にはNHKBS1のドキュメンタリー番組“関口知宏のファーストジャパニーズ”で創作活動の様子が紹介された。その中で世界的指揮者小澤征爾氏はインタビューで「釣さんは照明や装置や演出などオペラの裏のことをみんな知っている。こういう人は将来絶対、頼りになる。」と絶賛の言葉を寄せている。 2009年7月にはヨーロッパ演劇界では著名なパリの“太陽劇団“に魅せられパリ移住を決意。2011年からは世界で最も大きい歌劇場の一つである、メトロポリタン歌劇場での研修が始まった。 これだと思ったら、いてもたってもいられない、まさにブルドーザーのような突進的な性格の釣さん。ドイツ語も話せないのドイツにいき、フランス語も話せないのにフランスにいき、そして現在はニューヨークに。その日本人離れした行動力とブレない芯の強さはどこからくるのか、釣さんの生き様をLIVE!

もっと見る

原田進歩(Susumu Sagat Harada)
原田進歩(Susumu Sagat Harada)

原田進歩(Susumu Sagat Harada) - デザイン天然パーマ
脱PAN年齢:17歳(専門進学)
海外出るとき捨てたもの:就活
ニューヨーク(在住経験地:アメリカ,ニューヨーク,バンクーバー)
海外留学,空間デザイン

バンドマンを経て、現在はFITという大学でインテリアデザインを学んでいる原田進歩。 マンハッタンにオープンするレストランのデザインのコンサルタントや、いくつかのプロジェクトで、映像制作やライターとしても活動中。 そんな彼の野望は、  マンハッタンのど真ん中に平屋の図書館を建てる事。そして、「世界に畳を踏ませる事」。 髪も切らず、就活もせず、ずっと中途半端で生きてきた彼は、「中途半端」を極めることを決意した。 日本を愛し、大きな野望に燃える、挑戦者サガットの人生をLIVE! 

もっと見る

足立康太(Kota Adachi)
足立康太(Kota Adachi)

足立康太(Kota Adachi) - 世界一の高校デビュー
脱PAN年齢:7歳(大学進学)
ニューヨーク(在住経験地:アメリカ,ニューヨーク,ロンドン,シンガポール)
海外大学,海外就職,アパレル

幼少期からシンガポール、ロンドンで生活し、2012年にはニューヨークにあるバルーク大学を卒業。現在はニューヨーク市マンハッタン区で、Made in Japanを世界へ発信しようと奮闘している。 イケテナイ芸人だった彼が、金髪の生徒会長となり、世界一を目指すに至ったきっかけはなんだったのか。 自他共に認める鮮やかな高校デビューを飾った、足立康太の生き様をLIVE! 

もっと見る

高橋佳之(Yoshiyuki Takahashi)
高橋佳之(Yoshiyuki Takahashi)

高橋佳之(Yoshiyuki Takahashi) - カナダ突撃
脱PAN年齢:23歳(ワーホリ)
海外出るとき捨てたもの:サラリーマン
福岡(在住経験地:カナダ,バンクーバー)
起業家,不動産,留学

2011年12月、大手企業を退職し カナダに突っ込んだ高橋佳之。 世界と日本をつなげたいという強い思いだけを胸に、コネなし、経験なし、で 大学の友人と二人カナダに飛び込んだ。 そんな彼は 2012年10月に(株)MADOを設立。 2013年にはニューヨーク進出、 2014年にはワールドカップがあるから という理由でブラジル進出も考えている。 大きな野望と熱い想いを胸に、 脱サラした彼の生き様をLIVE!

もっと見る