Dragon

メキシカンから見た日本人

[公開日] 2015/11/25(最終更新:2016/01/22)

毎月1カ国を旅すると決めてから4ヶ月目。今回はメキシコシティに男二人で行ってきました。この4ヶ月で8カ国を周りましたが、やっぱり旅はいいです。決断力と多様性が身につきます。

 

もうニューヨークに住んで5年。正直、毎日目新しい決断をせずとも暮らしていけます。どこに行こうか、何をしようか、もだいたい想像の範囲内。未知なる何か、に出会うことは日常生活ではなかなかありません。そんな中、海外の旅となると勝手が違います。

 

まず言語が通じません。メキシコ人はほとんど英語は話せませんが、気にせずスペイン語で話し続けます。こっちはこっちで英語で答えているので全く通じてないんですが、気まずい空気はそこにありません。コミュニケーションで大事なのは、達者な言語スキルではなく、ベクトルを相手に向けること、伝えようとするその気持ちが伝わるかどうかなんだなって気づかされました。

 

日本は接客がすごいと言われますが、すごすぎてこっちが気を使わされることがあります。やっぱり本当のおもてなしは馬鹿丁寧な接客ではなく、相手とちゃんとコミュニケーションを取ることなんだと勉強になりました。そういう意味ではメキシコ人は陽気で話しかけやすいオーラが出てて、たとえ言語は通じなくても気持ちの良いおもてなしをしてもらったなって振り返って思います。

 

またメキシコはかなり親日です。日本語の刺青や日本語が話せる人も見かけたり、なんだこの人だかりはと思ってたらアジアンカンフージェネレイションのライブだったり。

 

IMG_3978 (1)

アジア人がいないからか、よく話しかけられたりジロジロ見られることも多かったです。

 

日本人ははっきり言ってモテると言えるでしょう。日本男児はモテないと日本では言いふらしている人がいますが、世界を周る度にどうも違うなって感じます。そんなこと言ってるのは、ニューヨークでも韓国人と日本人女性くらいですね。

 

 

まぁ人以外の点で言えば、ニューヨークよりしょぼい電車を初めて見ましたし(運転手も肩出しファッションのギャル!)、屋台はスナックばっかでお店もパン屋だらけ(しかも甘いパン)、でこりゃ肥満大国なるわ、って思いましたし。シャワーの水なんて”ちょろちょろ”としか出ないからニューヨークの”ジョロジョロ”でもだいぶマシなんだなと、日本の”ジャージャー”は奇跡やなって思いましたし。

 

来月はトルコ、再来月はドバイとイタリアに行きます。懲りずに日本、ニューヨークとそれらの国々を勝手に比較してきたいと思います。

 

LINEで送る