Dragon

世界に出るだけで日本のためになる

[公開日] 2013/02/26(最終更新:2015/09/10)

人は知識0で生まれてくる。
つまり生まれ育った環境で得た知識で
すべてのイメージがつくられる。

 

アメリカではアメリカの教育、メディアが
中国では中国の教育、メディアが
韓国では韓国の教育、メディアが
日本では日本の教育、メディアが

 

お互いのお互いの国民に対する
イメージもそういった環境で
形成され、そのイメージを変えるのは、
超むずかしい。
でも一つだけ方法がある。

 

会って直接話せばいいのだ。
「私は中国の報道を信じなくなった」中国人
「韓国では日本人のことをあえて悪くいってることがわかった」韓国人
もともと反日教育を植え付けられた彼らは
俺とかいろんな日本人と実際に接する中で
イメージが変わったという。

 

日本人って超いい奴だから
会うだけで洗脳を溶かしてあげれるのだ。
俺もだいぶ日本で植え付けられた
イメージが修正されてきた。

 

日本で育った俺は
もちろんアメリカ人はいけてるって
洗脳されてたが、実際あってみると
ただ英語が話せるだけのラッキピープル、
世界を大虐殺する悪徳国家だと思うようになった。

 

いつのまにか日本の韓流ブーム報道に侵され、
いいイメージをもっていた俺は、
実際に会ってみて、
あれ?全然ちげーや、
日本人とレベルちげーわって
あらゆる面で確信にいたった。

 

中国人は意外と良い奴いっぱいいるなって、
思ったし、同時に決して謝らない、
自分の損得を最優先に考える人格に
きづかされたとき、恐ろしささえ感じた。

 

ユダヤ人ってナチスに迫害された
かわいそうな人種と思ってたけど、
お金に強く誇り高き人種だとわかった。

 

発展途上国の人達は
ひそひそと暮らしてると思ってたけど
日本人以上に自信満々で堂々としてた。

 

会ったら全部わかる。

 

ニューヨークにきたことで
日本で植え付けられたイメージは
いとも簡単に崩壊したのだった。

 

世界はだいたい自国を
プラスに誇張して世界に見せている。
それを素敵な日本人は素直に信じるから
実存より世界がよくイメージされている。

 

でも日本だけは自国を
マイナスに世界に見せている。
というより日本人は嘘や誇張してまで
世界に自国をよくみせようとしないのだ。
謙遜を美とする世界一人格の高い国民だから。

 

日本人ほど世界にでた方が
得する国民はない。
英語なんかより大事ものが
海外生活には腐るほどあるのだ。

 

日本人が海外にでればでるほど、
日本は好転する。

LINEで送る